“日本名僧・高僧伝”104・白隠慧鶴(はくいんえかく、1686年1月19日(貞享2年12月25日) - 1769年1月18日(明和5年12月11日))は、臨済宗中興の祖と称される江戸中期の禅僧である。

白隠1
白隠2
“日本名僧・高僧伝”104・白隠慧鶴(はくいんえかく、1686年1月19日(貞享2年12月25日) - 1769年1月18日(明和5年12月11日))は、臨済宗中興の祖と称される江戸中期の禅僧である。
諡は神機独妙禅師、正宗国師。駿河国原宿(現・静岡県沼津市原)にあった長沢家の三男として生まれた白隠は、15歳で出家して諸国を行脚して修行を重ね、24歳の時に鐘の音を聞いて見性体験するも増長して、信濃(長野県)飯山の正受老人(道鏡慧端)にあなぐら禅坊主と厳しい指弾され、その指導を受けて修行を続け、老婆に箒で叩き回されて次の階梯の悟りを得る。
のちに禅修行のやり過ぎで禅病となるも、白幽子という仙人より「内観の秘法」を授かって回復し。白幽子の机上には只『中庸』『老子』『金剛般若経』のみが置かれていたという。

『浪速史跡めぐり』木村蒹葭堂邸跡の碑・地下鉄は長堀駅から南

き木村
『浪速史跡めぐり』木村蒹葭堂邸跡の碑・地下鉄は長堀駅から南、大阪市立中央図書館南東角に木村蒹葭堂邸跡の碑が建っている。木村蒹葭堂は堀江の裕福な酒造家に生まれ、幼い頃から好学多芸で、十一歳で片山北海に漢学を学び後に混沌誌社に加わった。絵は狩野派の大岡春卜と池大雅に学び、小野蘭山に学んだ本草学(博物学)に精通し、オランダ語の得意であったと言われている。博識家と言えば木村蒹葭堂と言われるほど大阪随一の町人学者と言われた。

>「一ノ宮巡り」伊賀国一ノ宮敢国神社・祭神大彦命(大毘古命)・配神少彦名命・金山比咩命 三重県伊賀市一ノ宮877・式内社・旧国弊中社・大彦命は孝元天皇の皇子

あ敢国神社3 (1)
あ敢国神社3 (2)
「一ノ宮巡り」伊賀国一ノ宮敢国神社・祭神大彦命(大毘古命)・配神少彦名命・金山比咩命
三重県伊賀市一ノ宮877・式内社・旧国弊中社・大彦命は孝元天皇の皇子で『日本書紀』では四将軍の一人で北陸を平定後この地に移り、伊賀国の開拓を行なったと言う。
大彦命(『古事記』では大毘古命)の御陵とされる御墓山古墳が有って、その子孫は伊賀中に広がったと言う。
阿拝群(あへのこおり)を本拠にしたために「阿拝氏」を称した。後に阿閉・阿倍・安倍なども表した。敢国神社の祭神は中世まで少彦名命・金山比咩命とされたが、明治七年(1874)、江戸時代の渡会延経の説により大彦命に変更された。
創建について敢国神社の略紀に依れば斉明四年(658)で、この地の居住者の秦氏が少彦名命を祀り、一方大彦命の子孫の阿拝氏が祖神として大彦命を祀った。また当初神社を南方の山に祀ったが、後に現在の地に移された。
その後前社殿の跡地に美濃国の一ノ宮の祭神南宮大社より勧請された金山比咩(かなやまひめ)命(みこと)が祀られたために「南宮山」と呼ばれた。その後、言い伝えによれば金山比咩命の社殿の神木の虫食い後の文字が「敢国神社に一緒に祀れ」の文字が現れたので神意に従って合祀された。
この敢国神社も時代の趨勢に翻弄され、伊賀天正の乱では森田浄雲の立て籠もる一ノ宮城と共に織田軍に攻められて炎上・崩壊した。信長がその戦場跡を視察の折には、伊賀忍者に襲撃されあわや落命を免れた説話がある。
その後、伊賀国一ノ宮として崇敬され、江戸時代には上野城鬼門の鎮護として、藤堂氏らの歴代藩主によって加護された。
明治になって旧国弊中社に列せられた。★『古事記』では大彦命については、孝元天皇の第一皇子に大毗(おおび)古(こ)命(みこと)が生まれ、次に少名(しょうな)日子(ひこ)建(け)猪(い)心命(こころみこと)。次に若(わか)倭(やまと)根子(ねこ)日子大毘々(ひこおおほびび)命(みこと)(開化天皇)。次に他の妃から比古布都押之信命。次に建波邇夜須毘古命。五人の御子が生まれた。
大毘古命の子、建(たけ)沼(ぬ)河(かわ)別命(わけみこと)は阿倍の臣等の祖である。また金山毗古・比咩命は鉱山を司り、神生みの際、嘔吐物から産まれた。鍛冶・鉱業の守護する神として岐阜の南山大社、島根の金屋子神社で祀られている。

「神仏霊場巡り」妙法院・京都市東山区にある天台宗の寺院。 本尊は普賢菩薩、開基は最澄と伝える。皇族・貴族の子弟が歴代住持となる別格の寺院

め妙法院お
め妙法院1
「神仏霊場巡り」妙法院・京都市東山区にある天台宗の寺院。
本尊は普賢菩薩、開基は最澄と伝える。皇族・貴族の子弟が歴代住持となる別格の寺院を指して「門跡」と称するが、妙法院は青蓮院、三千院(梶井門跡)とともに「天台三門跡」と並び称されてきた名門寺院である。
また、後白河法皇や豊臣秀吉ゆかりの寺院としても知られる。近世には方広寺や蓮華王院(三十三間堂)を管理下に置き、三十三間堂は近代以降も引き続き妙法院所管の仏堂となっている。
妙法院は著名社寺が集中する京都市東山区南部に位置する。付近は後白河法皇の居所であった法住寺殿の旧地であり、近隣には智積院、京都国立博物館、方広寺、三十三間堂、新日吉神宮、後白河法皇法住寺陵などがある。
近世初期建立の豪壮な庫裏(国宝)や大書院(重文)などが建つが、寺内は秋季などの特別公開の時を除いて一般には公開されていない。
天台宗の他の門跡寺院(青蓮院、三千院など)と同様、妙法院は比叡山上にあった坊(小寺院)がその起源とされ、初代門主は伝教大師最澄とされている。

『戦国時代の群像』161(全192回)「宇喜多秀家」(1572~1655)安土桃山時代の武将、大名。豊臣政権下の五大老の一人。通称は備前宰相。戦国大名としての宇喜多氏

宇喜多1
宇喜多⑤ (2)
『戦国時代の群像』161(全192回)「宇喜多秀家」(1572~1655)安土桃山時代の武将、大名。豊臣政権下の五大老の一人。通称は備前宰相。戦国大名としての宇喜多氏最後の当主であり、岡山城主、備前・美作・備中半国・播磨3郡の57万4,000石。元亀3年(1572)、備前国岡山城(岡山県岡山市北区)主の宇喜多直家の次男として生まれた。通称は八郎を称した。天正9年(1581)に父・直家が病死。天正10年(1582)、当時宇喜多氏が従属していた織田信長の計らいにより本領を安堵され、家督を継いだ。直家の死後、宇喜多軍は信長の命令によって中国遠征を進めていた羽柴秀吉(豊臣秀吉)の遠征軍に組み込まれ、秀吉による備中高松城攻めに協力した。ただし、秀家は幼少のため、叔父の宇喜多忠家が代理として軍を率いている。また、戸川秀安や長船貞親ら直家以来の重臣が秀家を補佐した。6月2日、秀家11歳の時本能寺の変が起こって信長が死去する。このため、秀吉と毛利輝元は和睦することとなり、秀家はこの時の所領安堵によって備中東部から美作・備前を領有する大名にのし上がり、大国・毛利家の監視役を務めることとなった。後に元服した際、豊臣秀吉より「秀」の字を与えられ、秀家と名乗った。秀吉の寵愛を受けてその猶子となり、天正16年(1588年)以前に秀吉の養女(前田利家の娘)の豪姫を正室とする。このため、外様ではあるが、秀吉の一門衆としての扱いを受けることとなった。天正12年(1584)の小牧・長久手の戦いでは大坂城を守備し、雑賀衆の侵攻を撃退した。天正13年(1585)、3月に紀州征伐に参加したのち、四国攻めでは讃岐へ上陸し後に阿波戦線に加わった。天正14年(1586年)の九州征伐にも日向戦線に参加した。天正15年(1587)、秀吉から、豊臣姓(本姓)と羽柴氏(名字)を与えられる。天正18年(1590)の小田原征伐にも参加して豊臣政権を支えた。文禄元年(1592)からの文禄の役には大将として出陣し、李氏朝鮮の都漢城に入って京畿道の平定に当たる。翌文禄2年(1593)1月、李如松率いる明軍が迫ると、碧蹄館の戦いで小早川隆景らと共にこれを打ち破り、6月には晋州城攻略を果たすなどの武功を挙げた。これらの功により、文禄3年(1594)に参議から従三位中納言に昇叙した。慶長2年(1597)からの慶長の役では毛利秀元と共に監軍として渡海し、左軍を率いて南原城攻略を果たし、さらに進んで全羅道、忠清道を席捲すると、南岸に戻って順天倭城の築城にあたるなど活躍する。慶長3年(1598)、日本に帰国し、秀吉から五大老の一人に任じられた。そして8月、秀吉は死去した。秀吉没後の慶長4年(1599)、重臣だった戸川達安・岡貞綱らが、秀家の側近の中村次郎兵衛の処分を秀家に迫るも秀家はこれを拒否。中村は前田家に逃れ、戸川らが大坂の屋敷を占拠する、いわゆる宇喜多騒動が発生した。秀家はこの騒動の首謀者を戸川達安としてその暗殺を図るが、秀家と仲が悪く対立していた宇喜多詮家(坂崎直盛)が達安をかばって大坂玉造の自邸へ立て籠もるに至り、両者は一触即発の事態となる。騒動の調停は最初、越前敦賀城主の大谷吉継と徳川家康の家臣である榊原康政が請け負ったが、康政は伏見在番の任期が終わっても居残り調停を続けた結果、国許での政務が滞ることになった。そのことで家康より叱責をうけ、康政は国許へ帰ることとなる。秀家・戸川らの対立は解消されず、吉継も手を引かざるをえなくなった結果、家康が裁断し、内乱は回避された。戸川らは他家にて預かり・蟄居処分となり、花房正成も出奔した。この騒動で戸川・岡・花房ら直家以来の優秀な家臣団や一門衆の多くが宇喜多家を退去することとなり、宇喜多家の軍事的・政治的衰退につながった。なお、上記の三名はこの後家康の家臣となっている。原因は家臣団の政治的内紛に加え、秀家の素行に問題があったことのほか[注釈 2]、宇喜多家の執政であった長船綱直や奉行人中村次郎兵衛らの専横への他の重臣の不満、さらに宇喜多家では日蓮宗徒の家臣が多かったが、秀家は豪姫がキリシタンであったことから家臣団に対してキリシタンへ改宗するよう命令するに至ったためともいわれる。しかし坂崎直盛は敬虔なキリシタンであり、宇喜多家内でキリスト教入信を斡旋し、明石全登などを入信させたのは直盛本人である。これにより、キリスト教徒と日蓮宗徒との軋轢というのは考えにくく、また綱直は宇喜多家譜代の家臣であり、譜代家臣と前田家からの御付組みとの対立との構図も外れており、背景の詳細は分かっていない。秀吉没後、後を追うように豊臣秀頼の後見役だった前田利家が慶長4年(1599)に死去すると、豊臣家内で武断派の加藤清正・福島正則らと、文治派の石田三成・小西行長らとの派閥抗争が表面化した。これに乗じた五大老の徳川家康が、豊臣家における影響力を強めることとなる。そして清正ら武闘派7将による石田三成襲撃事件が勃発した際には、秀家は佐竹義宣とともに三成を救出した。慶長5年(1600)、家康が会津征伐のため出兵している機を見計らい、石田三成は毛利輝元を盟主に担ぎ、打倒家康のために挙兵した。秀家は西軍の副大将として石田三成、大谷吉継らとともに家康断罪の檄文を発し、西軍の主力となる。伏見城の戦いでは総大将として参加し攻略、その後本隊と別れて伊勢国長島城を攻撃した後、美濃国大垣城に入城し西軍本隊と合流した。関ヶ原の戦いにおいても西軍主力(西軍の中では最大の1万7,000人)として戦い、東軍の福島正則隊と戦闘を繰り広げた。しかし同じ豊臣一門である小早川秀秋の裏切りで西軍は総崩れとなり、宇喜多隊は壊滅した。関ヶ原の後、宇喜多家は家康によって改易されたが、秀家は伊吹山中に逃げ込んだ。そこで落ち武者狩りの矢野五右衛門に遭遇するが、哀れに思った五右衛門は秀家を自宅に約40日も匿った(五右衛門の子孫は屋敷のあった場所に現在も居住し記念碑が建っている)。その後は変装して薩摩国の島津義弘などを頼って落ち延び、牛根郷(現在の鹿児島県垂水市)に匿われた。『常山紀談』では薩摩に遁れ剃髪して、成元さらに休復と号したとしている。このとき、秀家が琉球を支配しようとしたという伝説が残っている。しかし「島津氏が秀家を庇護している」という噂が広まったため、慶長8年(1603)に島津忠恒(義弘の子)によって家康のもとへ身柄を引き渡された。なお、身柄引き渡しの際に一緒についてきた家臣2名を島津家に仕官させるが、このうちの一人本郷義則は、薩摩の日置流弓術師範の祖、東郷重尚の最初の弓術の師匠となる。島津忠恒、並びに縁戚の前田利長の懇願により罪一等を減じられて死罪は免れ、駿河国久能山へ幽閉される。慶長11年(1606)4月、同地での公式史上初の流人として八丈島へ配流となった。八丈島では苗字を浮田、号を久福と改め、妻の実家である加賀前田氏・宇喜多旧臣であった花房正成らの援助を受けて50年を過ごし、高貴な身分も相まって他の流人よりも厚遇されていたとも伝えられる。また、元和2年(1616)に秀家の刑が解かれるや、前田利常から秀家に、前田家から10万石を分け与えるから大名へ復帰したらどうかとの勧めを受けるが、秀家はこれを断って八丈島に留まったともいう。八丈島での生活は不自由であったらしく、「偶然嵐のため八丈島に退避していた福島正則の家臣に酒を恵んでもらった話」や「八丈島の代官におにぎりを馳走してもらった話」(飯を二杯所望し、三杯目はお握りにして家族への土産にした説もあり)などの逸話が伝わっている。また、秀家が島で水汲女(現地妻)を置いたかどうかについては全くわかっていないが、その記録が一切ないことから水汲女を置かなかったと考えられている。明暦元年(1655年)11月20日、死去。享年84。


プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR