『鎌倉・室町の群像伝』七十六”瑩山“ 瑩山紹瑾(1268~1325)曹洞宗の僧。高祖道元に対して、太祖と呼ばれている。

『鎌倉・室町の群像伝』七十六”瑩山“瑩山紹瑾(1268~1325)曹洞宗の僧。高祖道元に対して、太祖と呼ばれている。越前多禰邑の出身で、幼名は行生。弘安三年(1280)永平寺孤雲懐奘について得度し、徹通義介や宝慶寺寂円、臨済僧の東山湛照・白雲・無本らにも学んだ。後に義介とともに加賀大乗寺に移り、その後継者となり大乗寺二世となった。1313年能登の永光寺、1321年総持寺を開創。両寺それぞれ明峰・峨山...

『鎌倉・室町の群像伝』七十五“呑海” 呑海〈他阿弥陀仏呑海〉(1265~1327)鎌倉時代の時宗の僧。

『鎌倉・室町の群像伝』七十五“呑海”呑海〈他阿弥陀仏呑海〉(1265~1327)鎌倉時代の時宗の僧。永仁三年(1295)遊行2代上人他阿弥陀仏真教に師事し有阿弥陀仏と称した。1301年に七条仏所の大仏康弁から定朝邸宅迹の寄進を受けた真教の命を受けて七条道場金光寺を創建し、1319年遊行4代を相続し他阿弥陀仏と改める。呑海は別名。後継問題から当麻道場無量光寺の内阿弥陀仏と対立し、1325年兄俣野景平の...

『鎌倉・室町の群像伝』七十四”後宇多天皇“ 後宇多天皇(1267~1324)、鎌倉時代の第91代天皇(在位13年間)諱は世仁。文永4年(1267)、亀山天皇の第二皇子

『鎌倉・室町の群像伝』七十四”後宇多天皇“後宇多天皇(1267~1324)、鎌倉時代の第91代天皇(在位13年間)諱は世仁。文永4年(1267)、亀山天皇の第二皇子として誕生する。母は左大臣洞院実雄の娘、皇后佶子(京極院)。祖父・後嵯峨上皇の意志により、文永5年(1268)生後8か月で立太子。文永11年(1274)1月に亀山天皇から譲位を受けて8歳で践祚。亀山上皇による院政が行われた。治世中には、元・高麗軍による文永・...

『鎌倉・室町の群像伝』73”他阿真教“ 他阿真教(1237~1319)鎌倉時代後期の時宗の僧。遊行上人2世。

『鎌倉・室町の群像伝』73”他阿真教“他阿真教(1237~1319)鎌倉時代後期の時宗の僧。遊行上人2世。正しくは他阿弥陀仏と称し、他阿と略する。法諱は真教(ただし同時代史料にはみえず、初出は『本朝高僧伝』。燈心文庫に真教と署名のある文書があり、他阿に同定する説あり)。俗姓は源氏久我家ともいわれる。建治3年(1277)九州で時宗の祖一遍に師事して以来、一遍の諸国遊行に従う。1289年に一遍が亡くなった後に...

『鎌倉・室町の群像伝』七十二”賢俊“ 賢俊”日野賢俊“(1299~1357)南北朝時代の真言宗の僧。父は権大納言日野俊光。兄弟に日野資名・

『鎌倉・室町の群像伝』七十二”賢俊“賢俊”日野賢俊“(1299~1357)南北朝時代の真言宗の僧。父は権大納言日野俊光。兄弟に日野資名・資朝。俗名は日野 賢俊。菩薩寺大僧正。醍醐寺宝池院流賢助に師事して密教を学ぶ。元応2年(1332))12月4日、今熊野において入壇(正式な受戒)の儀式が行われた(『五八代記』)。元弘の変の最中の1331年9月4日、東宮量仁親王(光厳天皇)ら持明院統の皇族が退避していた六波羅探題...