京都十六社巡り・長岡天満宮・祭神・菅原道真公・長岡京市天神/山城国乙訓郡長岡の地は、昔桓武天皇が平城京より平安京に御遷都になるまでの皇都長岡京の跡であり、

京都十六社巡り・長岡天満宮・祭神・菅原道真公・長岡京市天神2-15-13・山城国乙訓郡長岡の地は、昔桓武天皇が平城京より平安京に御遷都になるまでの皇都長岡京の跡であり、又当天満宮の御祭神菅原道真公が在原業平と共に、しばしば遊んで詩歌管絃を楽しまれたところであります。道真公が太宰府に左遷せられました時この地にお立ち寄りになり「吾が魂、長くこの地に留まるべし」と名残を惜しまれた縁故によって公御自作の木像を祀...

「西国四十九薬師巡り」新薬師寺・華厳宗・奈良市高畑町・霊験あらた新かなお薬師の寺。新薬師寺は、聖武天皇が盧舎那大仏建立中に病を患われ、病平癒のため

「西国四十九薬師巡り」新薬師寺・華厳宗・奈良市高畑町・霊験あらた新かなお薬師の寺。新薬師寺は、聖武天皇が盧舎那大仏建立中に病を患われ、病平癒のため、天平十九年(七四七)に光明皇后によって建立された。新薬師寺の「新」は新しい古いの「新」ではなく、霊験あらた(新)かなお薬師様をお祀りしたとして、名付けられました。創建当時には、四町四方(一万二千坪)の境内に金堂、西塔、東塔等伽藍が並ぶ大寺院で、寺に住む...

「奈良古社寺巡り」、氷室神社・祭神・闘鶏稲置大山主命・大鷦鷯命・額田大仲彦命 奈良県奈良市にある神社。式内小社(論社)、旧社格は村社、神饌幣帛料供進社。

「奈良古社寺巡り」、氷室神社・祭神・闘鶏稲置大山主命・大鷦鷯命・額田大仲彦命奈良県奈良市にある神社。式内小社(論社)、旧社格は村社、神饌幣帛料供進社。由緒は「氷室神社縁起」絵巻に記されており、また『続日本紀』や『元要記』にも散見される[2]。和銅3年(710年)、元明天皇の勅命により、吉城川上流の月日磐に氷神を奉祀し(下津岩根社)、厳寒に結氷させたものを氷室に蓄え、翌年に平城京へ献氷させる制度が創始され...

「奈良古社寺巡り」東大寺二月堂は本十一1面観音菩薩・、奈良県奈良市の東大寺にある、奈良時代(8世紀)創建の仏堂。現存する建物は1669年の再建で、日本の国宝に指定されている。

「奈良古社寺巡り」東大寺二月堂は本十一1面観音菩薩・、奈良県奈良市の東大寺にある、奈良時代(8世紀)創建の仏堂。現存する建物は1669年の再建で、日本の国宝に指定されている。奈良の早春の風物詩である「お水取り」の行事が行われる建物として知られる。「お水取り」は正式には修二会といい、8世紀から連綿と継続されている宗教行事である。二月堂は修二会の行事用の建物に特化した特異な空間構成をもち、17世紀の再建ながら...

「遺跡探訪」一乗谷朝倉氏遺跡は、福井県福井市城戸ノ内町にあった戦国時代の遺跡(日本の城)である。戦国時代に一乗谷城を中心に越前国を支配した戦国大名朝倉氏の遺跡。

「遺跡探訪」一乗谷朝倉氏遺跡は、福井県福井市城戸ノ内町にあった戦国時代の遺跡(日本の城)である。戦国時代に一乗谷城を中心に越前国を支配した戦国大名朝倉氏の遺跡。一乗谷城(山城)と山麓の城下町(朝倉氏および家臣の居館)からなる。遺跡全体が国の特別史跡で、そのうち4つの日本庭園は一乗谷朝倉氏庭園の名称で国の特別名勝の指定を受けている。福井市街の東南約10キロメートル、九頭竜川水系足羽川支流である一乗谷川...