「西国四十九薬師巡り」家原寺・高野山真言宗別格本山 通称・家原の文殊さん、智慧文殊・大阪府堺市西区家原寺町●行基菩薩生誕のご実家。

「西国四十九薬師巡り」家原寺・高野山真言宗別格本山 通称・家原の文殊さん、智慧文殊・大阪府堺市西区家原寺町●行基菩薩生誕のご実家。寺の歴史は古く、今から千三百年昔、奈良時代に生誕されて、後に人々から菩薩と慕われた人がいた。名僧「ぎょう行き基(六六八~七四九)」である。行基様は生誕のご実家を、七〇四年、三十七歳のときにお寺として開山された。山号の一乗山とは、菩薩修行記から引き、菩薩として修行を行なう...

「西国四十九薬師巡り」久安寺・高野山真言宗・大阪府池田市伏尾町・●近衛天皇の勅願所として再興。久安寺は、神亀二年(七二五)に僧行基

「西国四十九薬師巡り」久安寺・高野山真言宗・大阪府池田市伏尾町・●近衛天皇の勅願所として再興。久安寺は、神亀二年(七二五)に僧行基によって開かれたと伝えられ、天長年間(八二四~三四)には、弘法大師が真言密教の道場として中興、安養院と呼んでいた。久安元年(一一四五)には、賢実上人が近衛天皇の勅願所として再興、楼門、金堂、搭などの伽藍と、四十九の坊舎を建立し、久安寺と号した。豊臣秀吉はここで月見や茶会...

「西国四十九薬師巡り」浄瑠璃寺・真言律宗・京都府木津川市加茂町西小札場にある真言律宗の寺院。本尊は阿弥陀如来と薬師如来

「西国四十九薬師巡り」浄瑠璃寺・真言律宗・京都府木津川市加茂町西小札場にある真言律宗の寺院。本尊は阿弥陀如来と薬師如来、開基は義明上人である。寺名は薬師如来の居所たる東方浄土「東方浄瑠璃世界」に由来する。本堂に九体の阿弥陀如来像を安置することから九体寺の通称があり、古くは西小田原寺とも呼ばれた。緑深い境内には、池を中心とした浄土式庭園と、平安末期の本堂および三重塔が残り、平安朝寺院の雰囲気を今に伝...

「西国四十九薬師巡り」元興寺・真言律宗 通称・極楽坊・奈良市中院町●わが国最初の本格的伽藍寺院の伝統、旧奈良市街の中心部

「西国四十九薬師巡り」元興寺・真言律宗 通称・極楽坊・奈良市中院町●わが国最初の本格的伽藍寺院の伝統、旧奈良市街の中心部「さるさわ池」の南方は、「ならまち」と呼ばれる古い町並みがのこ遺る地域です。その一画に世界文化遺産「古都奈良の文化財」のひとつに登録された元興寺がある。元興寺は「佛法元興之場、聖教最初之地」と称されるように、わが国で最初の本格的伽藍寺院であった法興寺(飛鳥寺)を前身とします。法興...

「西国四十九薬師巡り」法界寺・京都市は伏見区日野にある寺院で真言宗醍醐寺派別格本山である。

「西国四十九薬師巡り」法界寺・京都市は伏見区日野にある寺院で真言宗醍醐寺派別格本山である。本尊は薬師如来(秘仏)開基は伝教大師(最澄)とされている。創建は平安後期永承六年(1051)文学博士で出世した日野資業が薬師如来を安置する堂を建てたのが法界寺の始まりという。代々日野家に伝わる、伝教大師作、三寸の薬師像を納入した。草創期には別の説がある。日野資業の四代前の藤原家宗弘仁十三年(882)最澄自作の...