『社寺神仏豆知識』37・出雲大社教は、1873年(明治6年)、当時の出雲大社大宮司の千家尊福

images出雲『社寺神仏豆知識』37・出雲大社教(いずもおおやしろきょう)は、1873明治6年)、当時の出雲大社大宮司千家尊福(せんげたかとみ)が創設した教団である。教派神道(神道十三派)の一。島根県出雲市の出雲大社社務所内に本部(教務本庁)があり、出雲大社の職員が教職員を兼務している。布教機関は全国に渡り設けられていて、特に中国地方を中心とした西日本に多くの分祠教会等がある。教団としての組織性はあまり強くない。統理者にあたる管長職は千家家が代々世襲している。2014現在の管長は六代・千家隆比古である。出雲大社附属の神職養成所である大社國學館では、卒業の際、神社本庁の神職の階位のほかに出雲大社教の教師資格も授与される。大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)を奉斎し、「生死一つながらの一如の道を説く。また、人間は「霊止(ひと)」として霊的な存在であり、親神のムスヒ幸魂・奇魂(さきみたま・くしみたま)の恩頼(みたまのふゆ)によって先祖からの一貫した霊を継承し、現身(うつしみ)の誕生があるとする。1873年(明治6年)、千家尊福が布教のため創設した「出雲大社敬神講」を前身とする。1882(明治15年)の「神官教導職分離令」によって神職の布教活動が原則禁止されたため、出雲大社より独立し別組織「神道大社派」(のちに「神道大社教」へ改称)となる。1951(昭和26年)、出雲大社は国家管理を離れ、1882年の分離令も失効したため、出雲大社に復帰合併し、出雲大社の職員が出雲大社教の職員を兼ねる。また教団名を「〜たいしゃきょう」から「〜おおやしろきょう」と改称する。※歴史の学ぶ 先人の教訓と智恵。

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR