『浪速史跡めぐり』三津寺・大阪は南の繁華街、御堂筋に面し東側は心斎橋筋、重厚なお堂は周りを白壁と黒

み三津寺お『浪速史跡めぐり』三津寺・大阪は南の繁華街、御堂筋に面し東側は心斎橋筋、重厚なお堂は周りを白壁と黒にあしられた寺務所と諸堂は優美で荘厳、昭和8年の御堂筋拡張のために移転したもの

である。本尊は十一面観音菩薩、薬師如来、弘法大師の木造は重文級とされ安置されている。三津寺筋で有名で開山は行基菩薩、応神天皇の葬り奉った御墓所としていたところ、聖武天皇の勅命によって行基が創建したもの、宗旨は真言宗は御室派で浪速商人の深い信仰に支えられ線香の絶え間がなかったという。大都会の雑踏の中にこの寺の境内の空間は不思議な静寂がある。※歴史に学ぶ 先人の知恵と教訓。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR