スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『浪速史跡めぐり』大阪市中央公会堂(旧中ノ島公会堂)・代大阪建築のルネッサンス芸術的建造物の代表が中ノ島の公会堂

お中央公会堂N『浪速史跡めぐり』大阪市中央公会堂(旧中ノ島公会堂)・代大阪建築のルネッサンス芸術的建造物の代表が中ノ島の公会堂であろう。この公会堂には多くのドラマを残した赤レンガ造りで威風堂々として気品漂う建物で、大阪人の憩いの中ノ島を訪れる人々に大正ロマン感銘を与える。明治四十四年株の仲買人の岩本栄之助が当時の金で百万年を寄付して建設計画が始った。数々も伝説のドラマに出てくる北浜の風雲児と評され、相場師、岩本栄之助は渋沢栄一が団長となった渡米事業団に参加、アメリカ大都市の富豪者や成功者の慈善事業の習慣に感銘を受け、帰国後中ノ島の蔵屋敷廃止後の地域活用に、父の遺産と私財を合わせて百万万円を寄付し公会堂の建設を思い立った。設計は懸賞つき建設設計競技に十三名が参加、結果岡田信一郎氏が一位になり

大正二年に着工し、大正七年に完成した。大公会堂を寄付した岩本栄之助は完成を見ないままに相場の大変動に巻き込まれ破綻、公会堂の完成を見ないまま大正五年に自殺した。建物は鉄骨煉瓦造り地上三階地下一階ネオルネッサンスを基調にバロック風、アーチ状の屋根に特別室には転地開闢の天井絵に壁画が画かれて大阪市民に誇りと親しみを与え残した。戦前戦後通して講演会や演劇が行われロシア歌劇団の公演にヘレンケアーの講演に平成十四年に改装が行なわれ保存に努められ、夜間にはライトアップされ国の重要文化財にしてされた。

※歴史に学ぶ 先人の知恵と教訓。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。