スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)163”崇光天皇“ 崇光天皇(1334~1398)南北朝の北朝の天皇。常和4年(1348)から3年間在位。

 すうみつ2『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)163”崇光天皇“

崇光天皇(1334~1398)南北朝の北朝の天皇。常和4年(1348)から3年間在位。父は光厳天皇、母は内大臣三条公秀の女、陽禄院秀子。諱は興仁。暦応元年(1338)に立太子。貞和4年(134810月27に叔父の光明天皇から譲位され即位。父である光厳上皇が院政を執った。足利家の内紛から観応の擾乱が起こると、観応2年(正平6年、1351)には尊氏が南朝に帰順することで正平一統が成立し、北朝は消滅。11月7にいたって正式に廃位された。また皇太子直仁親王(花園天皇皇子)も廃された。正平7年(13522月、南朝は京都から足利義詮の軍勢を排除して占領下においた。このとき、光厳・光明・崇光の3上皇及び廃太子直仁ら北朝の主だった皇族は南朝の本拠である賀名生へ拉致された。正平一統は破綻し、北朝は天皇の候補者となる皇子・次期天皇の任命権者である上皇(治天)のいずれも南朝方に連れ去られてしまったため、再興に多大な困難が生じた。たまたま南朝による拉致をまぬがれた光厳の第3皇子弥仁が擁立され、祖母広義門院が光厳に代わって任命する形式をとって即位した。これが後光厳天皇である。賀名生で2年、河内金剛寺で3年あまりの抑留生活を送るが、南朝勢力が衰微して講和へ傾くようになると、延文2年(1357)に光厳院、直仁親王とともに帰京する。不測の事態で皇位を追われた崇光院と、やはり偶然に皇位についた後光厳との関係は微妙なものがあり、応安3年(13708月にいたって後光厳が自らの子息緒仁への譲位を望むと、両者の関係は決裂した。即位の事情から天皇としての正統性を疑われており、緒仁を正式に皇太子に立てることもできなかった後光厳に対し、崇光は自らの皇子栄仁の即位を要求して争ったが、管領細川頼之が指導する幕府の不介入方針もあって、最終的には後光厳に押し切られ、後光厳からへの緒仁が譲位が実現した。後円融天皇である。さらに永徳2年(13824月に後円融が皇子幹仁(後小松天皇)に譲位しようとしたときも、崇光は栄仁の即位を要求したが、このときは逆に将軍足利義満が積極的に紛争に介入し、後円融を強く支持したため、栄仁の即位は実現しなかった。応永5年(1398年)1月13、失意のうちに65歳で死去した。★歴史を辿れば 栄枯盛衰の攻防に生きた 葛藤の光景が見えてくる。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。