『鎌倉・室町の群像伝』二十四“西行” 西行(1118~1190)平安末期から鎌倉初期の歌人。父は藤原氏北家藤成流、左衛門尉佐藤康清。

西行1
『鎌倉・室町の群像伝』二十四“西行”
西行(1118~1190)平安末期から鎌倉初期の歌人。父は藤原氏北家藤成流、左衛門尉佐藤康清。母は監物源清経の娘。俗名佐藤義清。鳥羽院の北面武士を務めていたが、保延六年(1140)23歳で出家。法名円位。出家後しばらくは東山や嵯峨辺りに留まっていたが、初度陸奥への旅を終えたのち高野山に居を構えた。約20年の高野山修業時代には中国・四国地方に赴いている。高野山から伊勢に移住。その後、文治二年(1186)東大寺復興の為に砂金勧進を目的とて再度陸奥へ旅をした。無地旅を終えたのちには嵯峨の庵に居を構える。伊勢神宮に奉納するために「御裳濯河歌合」「宮河歌合」自歌合を編み、藤原俊成・定家に加判を依頼。建久元年(1190)2月16日、「願わくは花の下にて春しなむそのきさらぎの望月の頃」と言う生前の願い通り河内国弘川寺にて没した。西行の生涯はその詠歌は当時の人々に深い感銘を与えた。多大な影響力を及ぼした。その後、成立した「新古今和歌集」には最大の94首が選ばれた。その他の歌集にも多く撰集されている。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント