『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)162“伏見宮貞成” 伏見宮貞成(1372~1456)伏見宮家の3代当主

 伏見⑤『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)162“伏見宮貞成”

伏見宮貞成(1372~1456)伏見宮家の3代当主。父は伏見宮栄仁親王、母は三条実治の女治子。崇光天皇孫。応永32年(1425)親王宣下を受ける。幼少時から今出川家で養育される。左大臣今出川公直・左大臣公行父子が養親となり貞成は終生その養育の恩を忘れなかった。音楽や和歌に親しんだのも幼時の環境による。応永18年(1411年)44日、40歳になってやっと父宮・伏見宮栄仁親王のもとに迎えられ、伏見御所で元服して貞成と名乗った。応永23年(1416年)1120日に栄仁親王が薨去すると、その跡を継いだ兄・治仁王も翌24年(1417年)211日に急死したため、貞成王がその後継となったが、貞成には兄を毒殺した嫌疑がかけられた。後小松院や四代将軍足利義持からの安堵を受けて大事には至らなかったが、伏見宮正平一統の際に廃位されて吉野に拉致された崇光天皇の正嫡の系統であるがために、崇光天皇の弟・後光厳天皇によって再興された北朝の系統である当時の皇統からは猜疑心をもって見られることが何かと多かった。応永25年(1418年)に称光天皇に仕える新内侍が懐妊した際にも、天皇から身に覚えのない密通の嫌疑がかけられたが、このときも義持のとりなしで貞成は起請文を提出して辛くも窮地を脱している。応永32年(1425年)、かねてから病弱で継嗣もなかった称光天皇の病状が悪化して危篤状態に陥ると、貞成は皇儲の候補となり416日には後小松院の猶子として親王宣下を受けた。しかしこのことは奇跡的に回復した天皇の逆鱗に触れることとなり、貞成はわずか3か月後の75日には伏見指月庵で薙髪するに追い込まれる。出家後の法号を道欽といい、以後は道欽入道親王を名乗った。3年後の正長元年(1428年)7月に称光天皇が再び重態に陥ると、この時は六代将軍足利義教が道欽の第一王子の彦仁王を庇護し、後小松に新帝の指名を迫った。これを受けて後小松は彦仁王を改めて猶子とし、称光天皇崩御の後譲国の儀をもってこれを即位させた(後花園天皇)。その後も後小松が引き続き治天として院政を敷いたため道欽には目立った動きがなかったが、永享5年(1433年)に後小松が崩御してからは天皇の実父としての存在感を見せるようになり、永享7年(1435年)には新しく伏見御所を造営してそこに移っている。文安4年(1447年)1127日、後高倉院を先例として、道欽入道親王には不登極帝として太上天皇の尊号が奉られ、法皇として遇されることになった(後崇光院)。しかし道欽は慎重を期して翌年(1448年)222日にはこれを辞退している。※歴史に学ぶ 先人の知恵と教訓。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR