「温故知新」        川村一彦

歴史は語る。

『鎌倉・室町の群像』二十三“源実朝” 源実朝(1192~1203)鎌倉幕府の三代将軍。建仁三年(1203)から六年在職。源頼朝の次男。母は北条政子、。

実朝2
『鎌倉・室町の群像』二十三“源実朝”
源実朝(1192~1203)鎌倉幕府の三代将軍。建仁三年(1203)から六年在職。源頼朝の次男。母は北条政子、。幼名を千幡。建仁三年(1203)北条政時は征夷大将軍源頼家を廃止、弟の千幡を鎌倉殿に立てて自らは執権を執った。後鳥羽上皇は千幡を実朝と命名。征夷大将軍に任じた。公武の融和を図るために上皇は元久元年(1204)近臣坊門信清の娘を鎌倉に下し実朝の妻とした。当時上皇は和歌に熱中していたが、実朝も歌道に励み、藤原定価の指導を受けたりした。1205年時政の妻で牧の方が実朝を殺し、娘婿の平賀朝雅を将軍に立てようとした。政子と弟の義時は実朝を守り、時政を伊豆に追い、義時が執権となり政子を助けて幕政を運営した。上皇は実朝との友好関係を通じて地頭の個別的停止を求めるなど、幕府の制御を企てたが、義時はこれらに反発し、実権を持たない実朝は上皇と義時らと板挟みになって苦しむ、ついには上皇と実朝との間に不信が募っていった。健保六年(1218)になり、実朝の官位が異様に昇進し、短期間に権中納言、左中将から権大納言、内大臣を経て右大臣に至った。上皇が官職に果報負けした実朝の破壊を期待した結果だった。1219年右大臣拝賀の為に鶴岡八幡宮に参詣した際、実朝は頼家の遺子公暁に殺された。実朝の死によって上皇は幕府との妥協を断念し、公武融和路線を捨てて、幕府打倒に企てるようになった。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新コメント

最新記事

カテゴリ

未分類 (1454)
鎌倉・室町の群像伝 (69)
古社寺探訪 (24)
浪速今昔百景 (4)
戦後日本のあの日あの時 (53)
河内古社寺探訪 (1)
神仏霊場巡り (49)
一ノ宮巡り (13)
西国観音三十三所巡り (28)
近畿三十三不動巡り」 (6)
西国四十九薬師巡り (10)
浪速史跡巡り (25)
河内史跡巡り (32)
遺跡巡り (10)
古事記が描く説話の憧憬 (8)
歴史の時 (0)
歴史の時々変遷 (8)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

FC2Ad

Template by たけやん