『歴史歳時記豆知識』23・遷都は、都を他所へうつすこと

遷都2 (1) 遷都2 (2) 『歴史歳時記豆知識』23・遷都(せんと)は、都(みやこ)を他所へうつす(遷す)こと、都を替えること[2]を意味する漢字文化圏の語。日本語では古くは都遷り/都移り(みやこうつり)とも言った。反対に、かつて都であった場所に都を戻す(還す)ことは還都(かんと)と言い、日本語では古くは都還り(みやこがえり)とも言った。ただし、日本語に限っては、還都は遷都と同義で用いられることもある。現代では、首都機能の全部もしくは重要な一部を他に遷すことを指して首都機能移転という語も用いられる(後述)。新しい都は新都(しんと)、過去の都(一代前の都やそれ以前の都)は旧都(きゅうと)と言う。旧都は「古い都」を意味する古都/故都(こと)と類義ではあるが、強調点はそれぞれに異なり、前者は「過去」を、後者は「時の積み重ね」を含意する。廃された都(廃される都も同じく)、および、廃墟と化した都は、廃都(はいと)と言う。都をさだめる(奠める、定める)こと、都を建設することは、初であるか以前がどうであったかとは別義に、奠都(てんと)と言う。都を定めることは定都(ていと)とも言うが、鴨長明が『方丈記』のなかで「嵯峨の御時 都定まりける(解釈:〈平安京に遷都した桓武天皇より2代後の〉嵯峨天皇治世下のこの時〈すなわち、平城還都派最後の抵抗を制圧した薬子の変の事後〉になって都は定まった。」と述べているように、法的に都が決められたり遷されたりした後も都づくりは続けられ、都として政治的に安定を見たときにようやく「都が定まる」という概念でもってこの語が用いられることもある。都を建設する、そのこと自体は建都(けんと)と言うが、「時と人が都を育んでゆく」などといった抽象的な意味を含めて「都を形づくってゆくこと」を指す場合もある。※歴史に学ぶ 先人の知恵と教訓。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR