史跡を巡る歴史の憧憬               川村一彦

『浪速史跡めぐり』長寶寺(閻魔さんのゆかりの寺)・JR大和路線は平野下車南へ国道を渡ると平野郷がある。昔ながらの町並に細い道に寺院、神社が点在する。長生院 長寶寺

ち長宝寺1
『浪速史跡めぐり』長寶寺(閻魔さんのゆかりの寺)・JR大和路線は平野下車南へ国道を渡ると平野郷がある。昔ながらの町並に細い道に寺院、神社が点在する。長生院 長寶寺がある。本尊は坂上田村麻呂の守護仏伝えられる。この辺りは坂上田村麻呂の子の広野の領地で、平野の地名も広野から来たと言われ、坂上田村麿に関わりの深い寺である。そう広くは無いが境内には、その由緒は窺える堂塔ばかりで、今も下町の人々の信仰が生づいている、門をくぐると本堂、本尊十一面観音菩薩が祀られ、何より珍しいのは、「閻魔大王」が祀られている事だ、秘仏である。毎年五月十八日に御開帳がある。左手に役行者の堂がある。この寺の創建は古く平安時代のあの蝦夷征伐でその名を挙げた「坂上田村麻呂」の関わりの深い寺である、開基の慈心大姉は桓武天皇の妃で坂上田村麻呂の娘春子である。延暦二十五年(八百六)春子は桓武天皇の崩御と共に弘法大師に帰依した、十一面観音菩薩を田村麻呂の守護仏され、その後南北朝の折り、この寺を一時皇居とされ山号の王舎山もそのとき賜ったという。往時は多くの堂塔があったが、戦火や明治の廃仏に合い衰退したがその由来と面影は残されている。また「閻魔大王」の謂れも慶心房尼の閻魔大王との関わりで「よみがえりの草紙」に記されているそうである。閻魔さんを祀る珍しい寺で五月十八日の閻魔大王の開帳の日には「閻魔さんの証判押し」の行事がある。※歴史に学ぶ 先人の知恵と教訓。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新コメント

最新記事

カテゴリ

未分類 (1437)
鎌倉・室町の群像伝 (69)
古社寺探訪 (24)
浪速今昔百景 (4)
戦後日本のあの日あの時 (53)
河内古社寺探訪 (1)
神仏霊場巡り (49)
一ノ宮巡り (13)
西国観音三十三所巡り (28)
近畿三十三不動巡り」 (6)
西国四十九薬師巡り (10)
浪速史跡巡り (25)
河内史跡巡り (32)
遺跡巡り (10)
古事記が描く説話の憧憬 (8)
歴史の時 (0)
歴史の時々変遷 (8)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

FC2Ad

Template by たけやん