鎌倉・室町の群像伝』(全186回)148“大田道灌” 太田道灌(1432~1486)室町後期の武将。

太田⑤
鎌倉・室町の群像伝』(全186回)148“大田道灌”
太田道灌(1432~1486)室町後期の武将。扇谷上杉家の家老。実名は一般に太田持資と伝えらえている。太田資長とする説も有力である。扇谷の家老として活躍した太田資清の子で、康正元年(1455)頃家督を継いだらしいが、間もなく武蔵江戸城を修築して自らの居城とした。関東は古河公方足利成氏と関東管領の上杉氏とが対峙する大乱の渦中にあったが、道灌は上杉陣営の一角を担い、また鎌倉公方や関東管領が不在で混乱した相模や南武蔵における実力随一のぶしょうとして若くして実権を握った。1476年長尾景春が反乱を起こし、翌年武蔵五十子の上杉氏陣営が崩壊すると、上杉方の危急を救うべく兵を出し、景春与党の豊島氏を討ち、ついで上野に進み、翌年1478年には景春の本拠の武蔵鉢形を落とし、併せてその与党の千葉孝胤を降した。1480年には春影の籠る日野城を陥落させて、反乱を完全に鎮圧させた。足利成氏と上杉氏の講和も実現させた。しかし主君の扇谷上杉定正は、道灌は定正の居館である相模糟屋で謀殺された。道灌は関東を代表する武将であったが、一方文事、和歌や蓮歌に通じ、1474年心敬らを江戸城に招いて歌会を開いたことは有名である。
★歴史を辿れば 栄枯盛衰の攻防に生きた 葛藤の光景が見えてくる。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR