>「神仏霊場巡り」法華寺・奈良市法華寺町にある法華寺は奈良時代には日本の総国分尼寺

ほ法華寺9
「神仏霊場巡り」法華寺・奈良市法華寺町にある法華寺は奈良時代には日本の総国分尼寺として東大寺の総国分寺の諸国国分寺、国分尼寺として配布された。本尊は十一面観音・開基は光明皇后である。元は真言律宗に属したが離脱し光明宗と称している。光明皇后所縁の寺院として、また門跡尼寺として知られ(皇族・貴族の子女が住職となる格式の高い寺院)この地は藤原不比等の邸宅があって、不比等の没後に、娘の光明子が相続して皇后宮として、官寺として法華寺を創建をした。法華寺の伽藍の完成まで十年以上の歳月を要した。発掘の結果法華寺の境内は平城京の東宮の東に接し、東西2町、南北2町にも及んだと分かった。金堂・講堂・東西両塔・阿弥陀浄土院があって丈六の阿弥陀三尊が本尊として安置されていた。平安時代以降は衰退し、平安後期には荒廃していたという。鎌倉時代には重源の東大寺再建と共に法華寺も再建がされた。その後鎌倉後期に叡尊によって本格的に再建された。その後地震や戦火に焼失したが豊臣秀頼と母淀殿によって復興した。法華寺は叡尊以来真言律宗として、また門跡寺院として保持していたが平成十一年に光明宗と変更された。※歴史に学ぶ 先人の知恵と教訓。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント