スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)136“足利直冬”足利直冬(生没不詳)南北朝の武将。足利尊氏の庶長子

直冬5 鎌倉・室町の群像伝』(全186回)136“足利直冬”足利直冬(生没不詳)南北朝の武将。足利尊氏の庶長子。叔父直義の養子となる。紀伊における南朝勢との戦闘で功をたて、長門探題として西下、観応元年(1350)観応の擾乱が勃発すると九州移り、征西将軍宮、鎮西探題一色氏と共に九州を3分する勢力を築いた。1351年尊氏と直義の一時講和によって鎮西探題に補任されるが、翌年直義が鎌倉で暗殺されると勢力を失い、長門に移って南朝に降った。のちに中国地方の武士と糾合し徐々に勢力を強め。1355年山名氏、桃井氏らを率いて入京したが、尊氏・義詮父子の反撃で約2カ月後には出京。その後、退勢を挽回できないまま中国地方を転戦した。1366年の文書を最後に史上から足跡を絶った。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。