「京洛八社巡り」下御霊神社・、京都市中京区にある神社である。旧社格は府社。社名は上御霊神社に呼応するものである。祭神は以下の八柱で

下御霊神社2 (2) 「京洛八社巡り」下御霊神社・京都市中京区にある神社である。旧社格府社。社名は御霊神社に呼応するものである。祭神は以下の八柱で、「八所御霊」と称される。○吉備聖霊(吉備真備とされることも多いが、吉備真備は憤死した人ではないので、神社側は六座の神霊の和魂と解釈している)○崇道天皇(桓武天皇の皇太子、早良親王)○伊予親王(桓武天皇の皇子)○藤原大夫人(伊予親王の母、藤原吉子)○藤大夫(藤原広嗣)○橘大夫(橘逸勢)○文大夫(文屋宮田麻呂)○火雷天神(菅原道真とされることも多いが、神社の創建は道真が天神とされるよりも以前なので、神社側は六座の神霊の荒魂と解釈している)●相殿に天中柱皇神・霊元天皇を祀る。これらの諸神は(吉備真備を除いて)いずれも政争に巻き込まれて憤死した人々で、その怨霊を慰めるために創建されたのが当社である。桓武天皇の時代、各地で疫病が流行した。これは御霊祟りであるとして、貞観5年(863520日、平安京神泉苑御霊会が催された。この御霊会が当社および上御霊神社の創祀であるとしている。古来より京都御所産土神として崇敬された。享保年間に霊元天皇の霊を配祀した。元は出雲路の上御霊神社の南にあったことから下御霊神社と呼ばれるようになったと伝えられる。後に新町出水に移され、天正18年(1590)、豊臣秀吉の都市整備にともない現在地に遷座した。なお、式内社研究家の志賀剛延喜式神名帳に記載される出雲井於神社(式内大社)を当社に比定している。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR