『鎌倉・室町の群像伝』(全186回)127“山名時氏”山名時氏(?~1371)南北朝時代の武将

時氏2鎌倉・室町の群像伝』(全186回)127“山名時氏”山名時氏(?~1371)南北朝時代の武将。山名義氏の子。母上杉重房の女。伊豆守・弾正少左京太夫。足利尊氏の従って六波羅探題攻め、中先代の乱、湊川の戦に功があり、伯耆・丹後などの守護になる。しかし観応の擾乱に際し、足利直義側に組したとして、それらの守護職を召し上げられたために、尊氏から離反。直義の死後、一色範光や細川頼之らの勧めもあって、丹後・丹波・因幡・伯耆・美作の5カ国の守護職を幕府が認めることを条件に1363年幕府と和解しした。翌年には出雲・丹後の守護職を加え、1368年には幕府は評定衆に加えられた。★歴史の変遷をたどれば時代を制した英雄伝説にも、栄枯盛衰の定理を教える。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR