「二十二社巡り」大和神社・大和盆地は天理市の田園風景に巨大な森に広大な境内地を持つ大和神社は『延喜式』神名

や大和神社、「二十二社巡り」大和神社・大和盆地は天理市の田園風景に巨大な森に広大な境内地を持つ大和神社は『延喜式』神名に大和国山辺郡筆頭に「大和坐大国魂神社三社」と記されている。旧上街道から三百メートルはある参道の奥に、拝殿と本殿が建つ。拝殿は三社あって、中央に日本大国魂大神、向かって右に八千戈大神、左に御年大神が祀られている。日本大国魂大神とは大地主大神とも言い、地鎮祭に際には、この神に祈るのが習わしになっている。大和神社は寛平九年(897)に正一位に叙せられ、平安中期には二二社に列し、国家の大事に奉幣祈願を受けた。摂社、末社三十四を数えた。伊勢神宮に次いで重視されていたが、火災や兵乱によって衰退していった。長い時代を経て明治四年(1871)に官幣大社となって、翌年に社殿を新たに造営された。★歴史が綴る伝統文化を未来に語る継ぐ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント