「神仏霊場巡り」長田神社・兵庫県神戸市長田区長田町に位置する神社。旧社格は官幣中社

 

な長田神社え 

「神仏霊場巡り」長田神社・兵庫県神戸市長田区長田町に位置する神社。旧社格官幣中社廣田神社生田神社とともに神功皇后以来の歴史を持つ名社とされる。生田神社、湊川神社と共に神戸を代表する神社の一つ。主祭神は事代主神。本殿瑞垣内に天照大御神応神天皇を祀る。『日本書紀』によると、神功皇后摂政元年)2月、神宮皇后三韓征服後、新羅より帰還中、難波に帰還する途中、武庫の水門で船が進まなくなったので卜ったところ、事代主の神より「吾を長田國に祀れ」と神託を受け、創祀されたという。 この由緒から、2001平成13年)には鎮座1,800年を祝った。太古から長田神社と呼ばれていたが、長田社、長田宮、長田大明神、摂津本宮長田大明神とも呼ばれていた。延喜式神名帳では名神大社、更に祈雨八十五座に列され、社に奉祀する神戸(かんべ)41戸によって護持されていた。現在まで続く「神戸(こうべ)」の地名は、この神戸職に由来している。近代社格制度のもとで1871明治4年)に県社に列格し、その後1885(明治18年)に明治天皇の西国巡幸の際、初めて官幣社に列し官幣小社に、1896(明治29年)には官幣中社に昇格した。なお、社格昇格の経緯は同じ神戸市内の生田神社と同様・同時である。

★歴史をたどれば、時代に生きた、先人の喜怒哀楽の生きざまが見えてくる。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント