「西国四十九薬師巡り」温泉寺・高野山真言宗・669-6101・城崎温泉守護の自・城崎温泉は、地蔵菩薩

 お温泉寺D「西国四十九薬師巡り」温泉寺・高野山真言宗・669-6101・城崎温泉守護の自・城崎温泉は、地蔵菩薩の化身といわれる道智上人が、衆生済度の大願を起こして諸国を巡錫の折り、養老元年(七一七)この但馬の地に来ました。当所鎮守四所明神の神託により、一千日間の祈願修行になし、養老四年(七二〇)温泉を開きました。(現在のまんだら湯)その後、大和長谷寺の観音と同木、同作の観音像を感得して、温泉寺を開創しました。天平十年(七三八)聖武天皇より城崎温泉の守護寺として末代山温泉寺の号を賜った名刹です。

現在、城崎温泉には百軒余りの旅館、ホテルがあり、それぞれに内湯がありますが、元来は外湯を中心に発展してきた温泉地であります。現在七ヶ所の外湯があり、「七湯めぐり」と称して浴客に人気があります。この七湯めぐりを七度(旅)することにより四十九の徳を得、終始苦難を免れるといわれています。
城崎温泉では元来入湯、湯治の諸人は先ず当山に参拝し、開祖道智上人の霊前に感謝を捧げ、「古式入湯作法」と言う入浴方法を授かった後に初めて外湯へ向かうのが慣わしでした。当山本尊は城崎温泉守護の本尊であり、湯治、入浴によって得られる効験は当山薬師如来の霊験であると諸人の信仰を集めておりました。
薬師堂前には境内より湧出の源泉「やくし湯」の湯飲み場があります。また門前には足湯もあり自由にご利用いただけます。西国薬師のご参拝、ご朱印を希望の方は、山門を入り薬師堂にご参拝ください。ロープウェイを利用する必要はありません。時間に余裕のある方は、ロープウェイにて本堂へもご参拝ください。
本堂は、室町時代の代表的建造物で重要文化財に指定されています。また本尊十一面観音(秘仏)、千手観音など多数の仏像、文化財を安置しています。本堂横には、城崎美術館があり、温泉寺所蔵の仏像、仏画、古文書などが展示してあります。
★歴史をたどれば、時代に生きた、先人の喜怒哀楽の生きざまが見えてくる。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント