『浪速史跡めぐり』天下茶屋・南海高野線は岸里玉出駅より直ぐ東に「天下茶屋」がある

て天下茶屋I7『浪速史跡めぐり』天下茶屋・南海高野線は岸里玉出駅より直ぐ東に「天下茶屋」がある。こんもりとした太閤秀吉の祠を包むように楠の大木に石碑と由来の看板がある。説明によれば400年前の昔、大坂城から住吉大社参拝の時に、途中立ち寄って茶の湯を楽しんだことで有名、天下茶屋跡の一角である。戦時中空襲に合い広大な屋敷は焼失した、秀吉縁の「恵水」と名付けられた井戸や茶室、紀州藩を始めが参勤交代には諸大名が泊まったと言う。※歴史をたどれば、時代に生きた、先人の喜怒哀楽の生きざまが見えてくる。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR