『浪速史跡めぐり』天神の森・天下茶屋跡から東に行くと天神ノ森「天満宮」がる。祭神は「菅原道真公

 て天神の森天満宮お『浪速史跡めぐり』天神の森・天下茶屋跡から東に行くと天神ノ森「天満宮」がる。祭神は「菅原道真公」末社に天照大神、猿田彦命、稲荷大明神、祠には白雪龍神、白髭竜王、白龍大明神が境内に祀られている。菅原道真公は筑紫へ流された時に、途中住吉明神に参拝中、この地にて休まれたと言う。また茶人の千利休の師武野紹鴎が茶室を構えた所で「紹鴎の森」とも呼ばれ、大きな石碑も建っている。豊臣秀吉も淀殿の解任の折りには、安産祈願をしたと言う。

※歴史をたどれば、時代に生きた、先人の喜怒哀楽の生きざまが見えてくる。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント