史跡を巡る歴史の憧憬               川村一彦

『鎌倉・室町の群像伝』八十六“吉田定房” 吉田定房(1274~1338)鎌倉後期から南北朝の公卿。峨醍醐天皇の乳父。

lkkjh鎌倉・室町の群像伝』八十六“吉田定房”

吉田定房(1274~1338)鎌倉後期から南北朝の公卿。峨醍醐天皇の乳父。父は大納言吉田経長、母は権中納言葉室定嗣の娘。大覚寺統に仕え、後宇多上皇の信任を得。乾元元年(1302)29歳で参議になる。従三位、権中納言を経て1307年三位に叙された。翌年持明院統から花園天皇が即位すると辞官。1318年後醍醐天皇が即位して再び後宇多上皇の院政が始まると復帰し、院評定衆・伝奏となり、1319年権大納言。醍醐寺三宝院に伝わる後醍醐天皇の討幕計画を諫めた定房奏状したものとされる。討幕計画が発覚し天皇が窮地に陥った同年9月正中の変では幕府に対する弁明するための天皇の誓書を起草、1331年の元弘の変では討幕計画を幕府側に密告した。建武政治が親政が開始されると重用され、准大臣・内大臣に昇り、雑訴決断所蔵人・恩賞方蔵人・伝奏等の要職を務めた。南北朝に入ると、1337年京都を脱して吉野に参じ、後醍醐天皇に仕えたが、翌年1月23日吉野で没。※歴史をたどれば、時代に生きた、先人の喜怒哀楽の生きざまが見えてくる。

 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新コメント

最新記事

カテゴリ

未分類 (1425)
鎌倉・室町の群像伝 (69)
古社寺探訪 (24)
浪速今昔百景 (4)
戦後日本のあの日あの時 (53)
河内古社寺探訪 (1)
神仏霊場巡り (49)
一ノ宮巡り (13)
西国観音三十三所巡り (28)
近畿三十三不動巡り」 (6)
西国四十九薬師巡り (10)
浪速史跡巡り (25)
河内史跡巡り (32)
遺跡巡り (10)
古事記が描く説話の憧憬 (8)
歴史の時 (0)
歴史の時々変遷 (8)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

FC2Ad

Template by たけやん