「河内古社寺探訪」弘川寺・真言宗醍醐派 (西行ゆかりの古寺) 葛城山の西麓にあり

すいかんじ

「河内古社寺探訪」弘川寺・真言宗醍醐派 (西行ゆかりの古寺)
葛城山の西麓にあり、天智天皇の四年(665)に役行者によって開創された。天平九年(737)には行基が修行し、宝亀年間(770年代)光意が修学をした。弘仁三年(812)には弘法大師空海に中興され、真言密教の霊場となった。文治四年(1188)、当時の座主空寂は後鳥羽天皇がご病気の際、宮中に召され、病気平癒の祈祷を修して、平癒された。平安末期の歌僧西行は、文治五年(1189)秋ここに住待し、「願はくは花の下にて春死なむそのきさらぎの望月のころ」の願い通り、文治六年(1190)旧暦二月十六日当寺で入寂した。享年七十三歳。南北朝では、南朝の忠臣弘川城主隅屋与市正高が奮戦した旧蹟です。室町時代には、河内国の守護畠山氏の畠山政長と畠山義就による家督相続をめぐる争いで、政長軍は一時弘川に陣を構えが、義就軍がこれを攻め、兵火によって寛正四年(1463)焦土と化したのである。本尊薬師如来像をはじめ、弘法大師像、空寂上人像は兵火をまぬがれ、今に奉安している。江戸中期の歌僧似雲は、享保十七年(1732)旧暦二月十六日西行の古墳を発見した。その後西行堂を建立し、西行墳周辺に供華の桜を植え、「花の庵」を建てて住み、八十一歳の生涯を西行の顕彰に尽くした。西行の八百年遠忌(平成元年=一九九〇)を記念して、永くその遺徳を顕彰し、文化の向上を図るため、西行記念館を建設し、館内には、西行に関する当寺伝来の寺宝をはじめ、西行ならびに似雲についての貴重な宝物を収蔵しており、春季・秋季に開館されている。西行墳の奥、東方約三・五ヘクタールの桜山には、似雲が植えた山桜および西行八百年遠忌に供華された桜約千五百本が植樹され、春は壮観です。本坊庭園内には、樹齢約三百五十年の天然記念物「かいどう海棠」があり、四月中旬に見頃を迎えます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント