「一ノ宮巡り」備後国一ノ宮・吉備津神社・祭神吉備津彦命 広島県福山市新市町宮内400・旧国弊小社

き吉備津神社2 (2)

「一ノ宮巡り」備後国一ノ宮・吉備津神社・祭神吉備津彦命
広島県福山市新市町宮内400・旧国弊小社
祭神は大吉備津彦命で第七代孝霊天皇の第三子、四将軍の一人として山陽道に派遣され吉備を平定した。
相殿には大日本根子彦太瓊命・父孝霊天皇・細比売命(孝霊天皇の皇后)、稚武吉備津彦命(大吉備津彦命の弟)この神社は備中一ノ宮から分祀されたものと思われる。
伝承に依れば吉備国が三国に分国された際に大同元年(806)に吉備国一ノ宮から勧請された。
この神社は『延喜式』に記載されていないので、実際の創建はもっと後年であろうと思われている。
長和三年(1014)には神仏習合の時代背景もあって褞日と言う修行僧が社前四方利益のやめの法華八講を行なった。この時代、神祇官に年貢を納める慣例になっていて、その点で中央に良く知られていた。
後白河天皇の歓喜元年(1229)に起った社殿焼失事件が「百錬抄」に記載されていたりする。
武門の時代になっても深く崇敬され社領を寄進され、強力な神人を従えて、時として近隣の豪族と衝突することが有った。
貞和二年(1346)高師泰が守護佐々布次郎に吉備津神社の神人の横暴を止めるべく命令を下している。
室町時代には神仏習合の影響で僧持範によって三重塔が建立されて、天文九年(1540)には八尾城主によって梵鐘が寄進された。
慶長五年(1600)には福島正則によって、元和五年(16199)には水野勝成によって社領が寄進された。
★祭神の大吉備津彦命は『記紀』ともキビツヒコで表記は『日本書紀』彦五十狭芹彦命・吉備津彦命で『古事記』では比古伊佐勢理毗古命・大吉備津日子命となっている。
第七代孝霊天皇の夜麻登登母母曾毗命の間に生まれた御子である。『古事記』では孝霊天皇の時に弟の若日子建吉備津彦命と共に四将軍の一人として派遣されたとし、播磨(針間)の氷川之前に忌瓮をすえ播磨の道を平定された。※歴史をたどれば、時代に生きた、先人の喜怒哀楽の生きざまが見えてくる。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント