『浪速史跡めぐり』高津宮・大阪は上町台地、谷町九丁目の北に一筋入った所に向かい合って高津宮と報恩院がある。仁徳天皇が高台から民

た高津宮2

『浪速史跡めぐり』高津宮・大阪は上町台地、谷町九丁目の北に一筋入った所に向かい合って高津宮と報恩院がある。仁徳天皇が高台から民のかまどの煙が立たぬことを知って免税をした縁の地である。また難波高津宮に遷都したと伝えられる、宮跡に高津宮が鎮座する。
祭神は主神祭に仁徳天皇・左座に仲哀天皇・神功皇后・応神天皇、右座に葦姫皇后・履中天皇を祀る。豊臣秀吉が大坂城を築城をするときに、この地に遷座した、その時に比売古曾神社も境内に遷座し高津宮の地主神として摂社とした。
ところが第二次世界大戦で神輿庫を残し焼失、昭和三十六年に再建された。この高津宮は落語に文楽に登場する舞台であり、庶民の憩いと守り神である。中でも上方落語の「高津の富」「高倉狐」「崇徳院」がる。「高津の富」はこの神社の境内で富くじが繰り広げ、泣き笑いの人情話は有名である。この寄席に五代目桂文枝一門が関わっており、今は亡き文枝最後の講演は「くろもん寄席」であり境内には石碑が建立されている。
また歌舞伎の坂田藤十郎襲名披露前の高津宮での祈願祭と絵馬奉納も行なわれた。境内は梅林の散策道に高倉稲荷神社、梅乃井、垣富庵石碑、北坂に西坂(旧縁切り坂)相合坂と庭園を散策して浪速の風情を感じると言うものである。※歴史をたどれば、時代に生きた、先人の喜怒哀楽の生きざまが見えてくる。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント