「近畿三十六不動巡り」聖護院・京都府京都市左京区聖護院中町にある本山修験宗総本山の寺院。聖護院門跡とも称する

せ聖護院l
「近畿三十六不動巡り」聖護院・京都府京都市左京区聖護院中町にある本山修験宗総本山の寺院。聖護院門跡とも称する。山号はなし。開基は増誉、本尊は不動明王である。日本の修験道における本山派の中心寺院であると共に全国の霞を統括する総本山である。明治五年(1872年)の修験道廃止令発布後、一時天台寺門宗に属したが、昭和二十一年(1946年)修験宗(のち本山修験宗)として再び独立して現在に至る[1]。天台宗に属した後も聖護院の格は大本山であった。静恵法親王(後白河天皇の子)が宮門跡として入寺して以降、 代々法親王[2]が入寺する門跡寺院として高い格式を誇った。明治まで三十七代を数える門主のうち、二十五代は皇室より、十二代は摂家より門跡となった。江戸時代後期には2度仮皇居となるなど、皇室と深い関わりを持ち、現在も「聖護院旧仮皇居」として国の史跡に指定されている。宮門跡でもあり寺社勢力でもあった。11世紀の末に現在の場所に建てられた後、4度の火災により市内を点々とし、延宝四年(1676年)に、現在の場所に戻った。※歴史をたどれば、時代に生きた、先人の喜怒哀楽の生きざまが見えてくる。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント