史跡を巡る歴史の憧憬               川村一彦

「一ノ宮巡り」志摩国一ノ宮伊(い)雑宮(ざわみや)・祭神天照坐皇大御神御魂 三重県志摩市磯部町上之郷

seiganntoji (1)

374・式内社・皇大神宮別宮・皇大神宮の別宮の一社、渡会郡大紀町の瀧原宮とともに「天照大神の遥宮」と呼ばれる。伊雑宮は内宮の別宮で、内宮の背後の鳥路山を越えた志摩市磯部町の上之郷にある。伊勢神宮別宮で十四社の内伊勢以外のものは伊雑宮のみで神田を持つ唯一の別宮である。明治以降、式年遷宮の為にお木曳行事が伊勢神宮に準じて二十年に一度行われる。
祭神は「天照坐皇大御神御魂」創建は延暦二十三年(804)『皇太神宮儀式帳』では天照大神御魂とされる。中世から近世まで祭神には諸説が有って伊雑宮の神職の磯部一族の祖先とされる伊佐波登美命と玉柱命の二柱と考えられてきた。その後、記述の確認で“天照大神分身”の箇所記されている事で明治以降は伊雑宮の祭神は天照大神御魂一柱とされた。鎌倉時代に成立したとみられる『倭姫命正紀』に依れば、伊勢神宮が内宮を建立した時に倭姫命が神宮への神饌を奉納する御贄地を探していた所、志摩国の伊佐波登美命が御贄地を選定し伊雑宮を建立された。通説にはこの説が伊勢神宮にとって都合の良い説ではあるが、この説には未だ確証が得られていない。創建は不詳とされ、伊雑宮付近は水田、稲作に適したことから、志摩土着の海洋信仰とする説など謎が多く残されている。また伊勢平家にまつわる源氏との確執で、平安期には治承・寿永の乱で戦禍を被り、伊勢平氏の伊勢に源氏の侵攻が予想され、伊勢志摩両国を平家が警備をした。伊雑宮は熊野三山が源氏の支持を得られた勢いで攻撃を受け、本殿を破壊され神宝を奪われた。勢いに乗った熊野勢は山を越えて伊勢国に攻め込んだが反撃で退却をした経緯が有って、時代の趨勢に翻弄された面が有った。伊雑宮は伊勢神宮に社殿が類似していて、入って右に宿衛屋があって、正殿は南面にして建ち、周囲に内に瑞垣、玉垣で二重で、正殿は神明造り、屋根の鰹木は六本、東西両端に内宮と同じ千木が高く聳(そび)えている。参拝をして感想は今までにない特異な形式の一ノ宮であった。※歴史をたどれば、時代に生きた、先人の喜怒哀楽の生きざまが見えてくる。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新コメント

最新記事

カテゴリ

未分類 (1437)
鎌倉・室町の群像伝 (69)
古社寺探訪 (24)
浪速今昔百景 (4)
戦後日本のあの日あの時 (53)
河内古社寺探訪 (1)
神仏霊場巡り (49)
一ノ宮巡り (13)
西国観音三十三所巡り (28)
近畿三十三不動巡り」 (6)
西国四十九薬師巡り (10)
浪速史跡巡り (25)
河内史跡巡り (32)
遺跡巡り (10)
古事記が描く説話の憧憬 (8)
歴史の時 (0)
歴史の時々変遷 (8)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

FC2Ad

Template by たけやん