「西国観音三十三所巡り」粉河寺“西国3番札所”・天台宗系の粉河観音宗総本山の粉河寺は西国観音三番札所、本尊は千所観音菩薩

こ粉河寺1
「西国観音三十三所巡り」粉河寺“西国3番札所”・天台宗系の粉河観音宗総本山の粉河寺は西国観音三番札所、本尊は千所観音菩薩。伝承によれば宝亀元年(770)大伴孔子古によるとされている。「粉河縁起」には二つの説があって一つ目は千手観音の由来する紀伊国の猟師・大伴孔子古は宝亀元年山中に不思議な光を発する場所を見つけて、そこに小さな庵を結んだ。それが粉河寺の始まりと云う説とある日、孔子古の家に一人の童子(童男行者)が訪ねてきて、今晩泊めてくれと言う。童子は宿を借りたお礼にと言って、七日かけて千手観音菩薩を刻んだ。八日目に孔子古が見てみると童子の姿はなく、金色の千手観音の像だけがあった。孔子古は猟師の仕事を辞め殺生をやめて観音を信仰するようになった。二つ目は千手観音の霊験説話で、河内国の長者左大夫の娘は重い病で明日をも知れない命、そこの現れた童行者が千手千眼陀羅尼を称えて祈祷した所、娘の病は全快した。喜んだ長者がお礼にと差し出した財宝に童行者は受け取らず、娘の小太刀の紐だけ受け取り「私は紀伊国那賀郡に居ります」言って立ち去った。長者が那賀郡に尋ね小さな庵に千手観音像と娘の小太刀の紐だけが残され、長者は観音の化身と知ってその場で出家し、孔子古と共に粉河寺を祀り繁栄をさせた。この説話に拠ってか平安時代には朝廷や貴族の信仰の加護で大いに栄えたという。天正時代には豊臣秀吉の根来攻めで、あおりを受けて全山伽藍の全てが焼失した。その後江戸時代になって再建された。※歴史をたどれば、時代に生きた、先人の喜怒哀楽の生きざまが見えてくる。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント