「西国観音三十三所巡り」善峯寺・“京都府京都市西京区大原野にある寺院。山号は西山。西国三十三所第二十番札所。善

義実ね

「西国観音三十三所巡り」善峯寺・“京都府京都市西京区大原野にある寺院。山号は西山。西国三十三所第二十番札所。善峰観音宗。桜や紅葉の名所になっているとともに境内各所から京都市街、比叡山を一望できる。寺に伝わる『善峯寺縁起絵巻』(江戸時代)等によれば、長元二年(1029年)、源信の弟子にあたる源算が創建したという。その後、長元七年(1034年)には後一条天皇から「良峯寺」の寺号を賜った。鎌倉時代初期には慈円が住したことがあり、このころ後鳥羽上皇直筆の寺額を賜ったことによって寺号が善峯寺と改められた。青蓮院から多くの法親王が入山したため「西山門跡」と呼ばれた。応仁の乱に巻き込まれて伽藍が消失したのち、江戸時代になってから桂昌院の寄進によって再興された。境内は京都市域の西南端近く、釈迦岳の支峰の善峯に位置し、山腹一帯に多くの堂宇が建つ。バス停留所から山道を数分登ったところに山門が東向きに建ち、石段を上った正面に観音堂(本堂)が建つ。山門、観音堂は元禄五年(1692年)、山内最古の建物である多宝塔は元和七年(1621年)の建立。他の諸堂宇も大部分は江戸時代、桂昌院の援助で整備されたものである。観音堂の左手には寺宝館文殊堂が建つ。観音堂右手の石段を上った一画には鐘楼、護摩堂、経堂、多宝塔(重要文化財)、開山堂、遊龍の松(天然記念物)、桂昌院廟、十三仏堂などがある。そこからさらに上ったところに釈迦堂、阿弥陀堂があり、境内のもっとも奥には薬師堂(奥の院)、青蓮院宮廟などがある。
※歴史をたどれば、時代に生きた、先人の喜怒哀楽の生きざまが見えてくる。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント