「温故知新」        川村一彦

歴史は語る。

鎌倉・室町の群像伝』六十一”北条時宗“ 北条時宗(1251~1284)鎌倉幕府第七代執権。北条時頼の子。

北条時宗1
『鎌倉・室町の群像伝』六十一”北条時宗“
北条時宗(1251~1284)鎌倉幕府第七代執権。北条時頼の子。母は北条重時の娘。正嘉元年(1257)将軍宗尊親王の加冠により元服、1261年安達義景の女の堀内殿と結婚。1264年連署に就任。1266年将軍宗尊を廃し、その子惟康を将軍に立てる。1268年蒙古の国書がもたらされると執権に就任し、1271年には椿西に所領をもつ御家人に鎮西下向を命じ蒙古に備えた。1272年に一族の名越時章・教時、圃場時輔らを打(二月騒動)ち得宗としての地位を固める。1273年には御家人の所領の散失を防ぐために、御家人所領復令を出した。1274年元軍の来寇を退け(文永の役)翌年から翌々年にかけて異国警固番役の制度確立し、来航した元使を斬り、鎮西に石塁を築くなどして、防衛を強化、一方で高麗侵攻も企てた。1281年には再度元の襲来を退けた。(弘安の役)この間に北条一門による西国守護独占を進め、非御家人にも軍事動員を課すなど、得宗専制を推進した。朝廷に対しては、皇子の亀山天皇を治天の君に推し、1274年亀山に院政を開かせた。亀山の兄の後深草上皇がこれを不満を抱くと、1275年後深草の皇子煕仁親王を皇太子に立て、後深草系の持明院派と大覚寺派との融和を図った。時宗は禅宗に帰依し、欄溪道隆・大休正念に師事し、1279年宋の僧無学祖元を招く、1282年円覚寺を建て祖元を開山とした。※歴史をたどれば、時代に生きた、先人の喜怒哀楽の生きざまが見えてくる。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新コメント

最新記事

カテゴリ

未分類 (1454)
鎌倉・室町の群像伝 (69)
古社寺探訪 (24)
浪速今昔百景 (4)
戦後日本のあの日あの時 (53)
河内古社寺探訪 (1)
神仏霊場巡り (49)
一ノ宮巡り (13)
西国観音三十三所巡り (28)
近畿三十三不動巡り」 (6)
西国四十九薬師巡り (10)
浪速史跡巡り (25)
河内史跡巡り (32)
遺跡巡り (10)
古事記が描く説話の憧憬 (8)
歴史の時 (0)
歴史の時々変遷 (8)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

FC2Ad

Template by たけやん