スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民進党代表選、国民興味なし、「捕らぬ狸の皮算用」

plt1708270012-n1.jpg
前原誠司氏、トリプル補選の野党共闘に慎重 枝野幸男氏は「昨年の参院選で成果」
前原誠司元外相と枝野幸男元官房長官(右)=22日午後、東京都千代田区(桐山弘太撮影)
 民進党代表選に立候補した前原誠司元外相は27日のNHK番組で、10月の衆院青森4区、新潟5区、愛媛3区の補欠選挙での野党共闘に関し「各県連と話しながら、どういう形がベストか判断したい」と述べ、慎重に判断する意向を示した。枝野幸男元官房長官は「昨年の参院選で成果を上げた」として、共産党を含めた野党との連携を推進する考えを強調した。
 前原氏は「昨年の参院選は(衆院選と違い)政権選択選挙ではなかった」と指摘。枝野氏は「補選でも候補者を1人に絞っていく。党本部として最大限努力する」とした。

 枝野氏が消費税率10%への引き上げに関し「税の使い方への信頼が失われている」と当面の増税に否定的なのに対し、前原氏は「上がるのは法律で決まっている。(増税分の使途を)組み替え、どのような受益があるか国民に示す」と語った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。