スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「京都古社寺探訪」錦天満宮・当社は平安時代前期の学問の神となられた菅原道真公

に錦天満宮p
に錦天満宮7 (2)
「京都古社寺探訪」錦天満宮・当社は平安時代前期の学問の神となられた菅原道真公の生家「菅原院」の創建された。菅原公崩御の後に「菅原院」は寺名を「歓喜寺」改称。その後、嵯峨天皇の皇子源融公の別邸六条河原院に移山、塩竈宮 を鎮守に天満大自在天神を祀られた。300年後、この地は時宗道場歓喜光寺と称され京都八幡の善導寺に寄進された。同時に歓喜寺(菅原院)は「天満宮」に奉納された。当錦天満宮は歓喜院に由来しており、また菅公聖跡二十五拝の第二とされるのはこの伝承によるもである。その後豊臣秀吉の都市計画で時宗四条道場として有名な「金蓮寺」の敷地内に移転され、以後400年間「錦天満宮」として当地に鎮座している。明治の神仏分離令によって「歓喜光寺」東山五条に移転された。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。