スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『河内史跡巡り』八尾神社・大阪府八尾市にある神社。『延喜式神名帳』河内国若江郡の「栗栖(くるす)神社」に比定され(式内社)、社格は旧村社。旧若江郡西郷、

や八尾神社3
や八尾神社0
『河内史跡巡り』八尾神社・大阪府八尾市にある神社。『延喜式神名帳』河内国若江郡の「栗栖(くるす)神社」に比定され(式内社)、社格は旧村社。旧若江郡西郷、木戸両村の氏神である。近世には「牛頭天王社」と称していたが、明治維新後に『延喜式』に従って「栗栖神社」に改称し、明治四十一年(1908年)に更に現社名に改称した。「栗栖」は現鎮座地一帯の旧称であろうとされる。祭神・宇麻志麻治命(うましまぢのみこと)・品陀和気命・近世には「牛頭天王社」の社名が示すように牛頭天王を祭神としていたが、享保二十年(1735年)の『河内志』以来式内「栗栖神社」に比定され、「栗栖」は現鎮座地一帯を本貫とした古代氏族、栗栖連氏に因むものと考えられ、その祭神も『新撰姓氏録』に「栗栖連。同じき神(神饒速日命)の子、于摩志摩治命(うましまぢのみこと)の後也」(河内国神別栗栖連条)とある栗栖連の祖神、于摩志摩治命(宇麻志麻治命)とされたために、明治維新後に宇麻志麻治命に改めた。また、品陀和気命は明治五年に合祀された旧木戸村の氏神である八幡社の祭神である。鎮座地は長瀬川(旧大和川)に沿い、周囲よりはやや高い土地で弥生時代から集落があったと考えられ、創祀年代は不詳であるものの、八尾市跡部には物部守屋の阿都の別業(『日本書紀』用明天皇二年(587年)に営まれたとされるように、八尾市一帯は物部氏及びその同族に深く関係した地であるため、物部氏の同族でこの地を本貫とした栗栖連が祖神を祀ったのに創まり、その時期は古墳時代に遡るとされる。貞観四年(862年)に正六位上から従五位下に昇叙され、同年11月11日に官社とされ(『日本三代実録』)[3]、延喜の制で官幣小社に列した[4]。中世以降の詳細は判っていないが、鎮座地一帯は八尾荘と呼ばれ、当神社は史料に欠くもののその中心的な神社として崇められたと思われる。南北朝時代には当神社から西方200mにある常光寺の僧顕幸(八尾別当と称した)が寺を中心に八尾城を構えて南朝方に与したが、湊川の戦い後北朝方が城を入手したため、延元二年(1337年)に攻め寄せた南朝方の兵火に遇っている。当時の当神社は常光寺の鎮守とされた可能性もあり、常光寺とともに八尾城の一郭に組み込まれていたと推定されるため、この兵火で罹災したと思われる。また、八尾荘は室町時代の末期にも河内国守護の畠山氏の内紛のために戦乱の地となっており、この際にも罹災したと思われる。近世には牛頭天王社として天徳寺を神宮寺とする西郷村の氏神とされたが、明治初めの神仏判然令を受けて天徳寺を廃寺にして社名を「栗栖神社」に改め、明治五年(1872年に木戸村の八幡社を合祀、西郷・木戸両村の氏神として村社に列した。明治四十一年に萱振村(現萱振町)の加津良神社と八尾中野(現西山本町)の八阪神社を合祀して現社名に改称したが、戦後に加津良、八阪の両神社は復祀している。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。