スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『歴史の時々変遷』(全361回)258“正保の騒動 ”

正保3 (2)
正保
『歴史の時々変遷』(全361回)258“正保の騒動 ”
「正保の騒動」正保4年(1647)、3代藩主・信義を強制隠居・嫡子信政を廃嫡させ、信義の異母弟で幕府旗本で幕府の覚えも良い信英を藩主に擁立しようとする主君押込の企てがあった。計画段階で信義へ密告があり、大きな騒動となる前に防がれている。(この密告者は信英の弟・津軽百助信隆と家老の北村宗容だとされている。)異母弟(信光、為盛、(大道寺)為久)や妹婿すらも処罰したが、信英の身柄については、信英本人の関与が明らかでないこと、既に幕府直参旗本の身分であったために津軽藩の自由にはできないこと、信義自身が信英に好意的であったことからなにも咎められなかった。企ての背景には複数の要因があったとされる。そのうち主なものは以下のようなものである。信義は藩政に功績がある反面、酒乱であり女性関係にも問題があった、などと今日では伝わる。それら不行跡が幕府の目に留まり藩が処罰されることを恐れた。信英は幕府に小姓として召し出され旗本へと出世し、文武ともに優秀であった。船橋騒動(前述)後から信義は積極的に藩政を指示し藩主権力の強化に努めたため、既得権益を失いたくない一派が反発した。信義は長男だが母は側室の辰姫であり、辰姫は石田三成の三女で豊臣秀吉正室の高台院の養女、すなわち信義は「豊臣に縁があり、なにより石田三成の孫」にあたる。それに対し信英は次男ではあるが母は正室の満天姫であり「徳川家康の義理の孫」である。そのため幕府の感情への配慮、また幕府に阿るため、先代信枚の頃から信英を擁立したい一派が存在していた。関係者は流罪や切腹となったが、告発したとされている一人の北村宗容は翌慶安元年(1648)1月17日、弘前城中で遺恨を持った村山七左衞門(村山滋朝)により殺害されている。村山は元・信英擁立派であり、処罰の際の同派の仲間の切腹の際、村山が介錯を命じられていた。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。