「神仏霊場巡り」相国寺・京都市上京区にある臨済宗相国寺派大本山の寺である。正式名称を萬年山相國承天禅寺。本尊は釈迦如来、開基は足利義満、開山は夢窓疎石である。

そ相国寺9
そ相国寺B
「神仏霊場巡り」相国寺・京都市上京区にある臨済宗相国寺派大本山の寺である。正式名称を萬年山相國承天禅寺。本尊は釈迦如来、開基は足利義満、開山は夢窓疎石である。
足利将軍家や伏見宮家および桂宮家ゆかりの禅寺であり、京都五山の第二位に列せられている。相国寺は五山文学の中心地であり、画僧の周文や雪舟は相国寺の出身である。
また、京都の観光名所として著名な鹿苑寺(金閣寺)、慈照寺(銀閣寺)は、相国寺の山外塔頭(さんがいたっちゅう)である。永徳二年(1382年)、室町幕府三代将軍・足利義満は、花の御所の隣接地に一大禅宗伽藍を建立することを発願。
竣工したのは十年後の明徳三年(1392年)であった。義満は、禅の師であった春屋妙葩に開山となることを要請したが、妙葩はこれを固辞。妙葩の師夢窓疎石を開山とするなら、自分は喜んで二世住職になると返したため、疎石が開山となった。
尤も、二世住職・妙葩も相国寺伽藍の完成を見ずに嘉慶2年(1388年)に没している。相国寺は京都最大の禅宗寺院の一つとして、また五山文学の中心地として栄えたが、たびたび火災に見舞われた。
伽藍完成から2年後の応永元年(1394年)に全焼。義満による七重大塔も数年で焼失したが、七重大塔は全高109.1mを誇り、史上最も高かった日本様式の仏塔である。
大正三年(1914年)の日立鉱山の煙突(高さ155.7m)竣工までのおよそ515年間、高さ歴代日本一の構築物の記録は破られなかった。
義満没後の応永三十二年(1425年)に再度全焼している。応仁元年(1467年)には相国寺が応仁の乱の細川方の陣地となったあおりで焼失(相国寺の戦い)。
天文二十年(1551年)にも細川晴元と三好長慶の争いに巻き込まれて焼失(相国寺の戦い)、ここまでで都合4回焼失している。天正十二年(1584年)、相国寺の中興の祖とされる西笑承兌が住職となり、復興を進めた。
現存する法堂はこの時期に建立されたものである。その後も元和六年(1620年)に火災があり、天明八年(1788年)の「天明の大火」で法堂以外のほとんどの堂宇を焼失した。現存の伽藍の大部分は十九世紀はじめの文化年間の再建である。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR