スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「平安京物語」8“征夷大将軍坂上 田村麻呂”(さかのうえ の たむらまろ)は、平安時代の武官。名は田村麿とも書く。正三位、大納言兼右近衛大将兵部卿

坂上2
坂上1
「平安京物語」8“征夷大将軍坂上 田村麻呂”(さかのうえ の たむらまろ)は、平安時代の武官。名は田村麿とも書く。正三位、大納言兼右近衛大将兵部卿。勲二等。死後従二位を贈られた。天平宝字2年(758年)に坂上苅田麻呂の次男[4]または三男[5]として生まれた。田村麻呂は近衛府に勤仕した。田村麻呂が若年の頃から陸奥国では蝦夷との戦争が激化しており(蝦夷征討)、延暦8年(789年)には紀古佐美の率いる官軍が阿弖流為の率いる蝦夷軍に大敗した。田村麻呂はその次の征討軍の準備に加わり、延暦11年(792年)に大伴弟麻呂を補佐する征東副使に任じられ、翌延暦12年(793年)に軍を進発させた。この戦役については『類聚国史』に「征東副将軍坂上大宿禰田村麿已下蝦夷を征す」とだけあり、田村麻呂は4人の副使(副将軍)の1人ながら中心的な役割を果たしたとされる。延暦15年(796年)には陸奥按察使、陸奥守、鎮守将軍を兼任して戦争正面を指揮する官職を全て合わせ、加えて翌延暦16年(797年)には桓武天皇により征夷大将軍に任じられた。延暦20年(801年)に遠征に出て成功を収め、夷賊(蝦夷)の討伏を報じた。いったん帰京してから翌21年(802年)、確保した地域に胆沢城を築くために陸奥に戻り、そこで阿弖流為と盤具公母礼ら500余人の降伏を容れた。田村麻呂は彼らの助命を嘆願したが、京の貴族は反対し、2人を処刑した。延暦22年(803年)には志波城を造った。延暦23年(804年)に再び征夷大将軍に任命され、3度目の遠征を期した。しかし、藤原緒嗣が「軍事と造作が民の負担になっている」と論じ、桓武天皇がこの意見を認めたため、征夷は中止になった(徳政相論)。田村麻呂は活躍の機会を失ったが、本来は臨時職である征夷大将軍の称号をこの後も身に帯び続けた。桓武天皇崩御後、戦功によって昇進し、延暦24年(805年)には参議に列し、翌年の大同元年(806年)に中納言、弘仁元年(810年)に大納言になった。この間、大同2年(807年)には右近衛大将に任じられた。また、田村麻呂は京都の清水寺を創建したと伝えられ、史実と考えられているが、詳しい事情は様々な伝説があって定かでない。他には大同元年に即位した平城天皇の命により富士山本宮浅間大社を創建している。大同4年(809年)に平城天皇が弟の嵯峨天皇へ譲位した後に2人が対立した際、田村麻呂は平城上皇によって平城遷都のための造宮使に任じられた。しかし翌大同5年(弘仁に改元)に発生した薬子の変では嵯峨天皇側に付き、子の広野は近江国の関を封鎖するために派遣され、田村麻呂は美濃道を通って上皇を邀撃する任を与えられた。この時上皇側と疑われ身柄を拘束されていた元同僚の文室綿麻呂を伴うことを願い、許された。平城京から出発した上皇は東国に出て兵を募る予定だったが、嵯峨天皇側の迅速な対応により大和国添上郡越田村で進路を遮られたことを知り、平城京に戻って出家した。上皇の側近の藤原仲成・薬子兄妹も天皇側に処刑、または自殺したことにより対立は天皇の勝利に終わった。晩年、変から翌年の弘仁2年(811年)1月17日に田村麻呂は外孫の葛井親王(平城上皇と嵯峨天皇の異母弟で桓武天皇と娘の春子所生の皇子)の射芸を見物、3日後の20日に中納言藤原葛野麻呂や参議菅野真道らと共に、前年暮より入京していた渤海国の使者を朝集院に招き宴を張る任に当たったという。これが現存資料のうち、田村麻呂生前の公的記録として最後とされる。同年5月23日、54歳で病死した。嵯峨天皇は死を悼み「事を視ざること一日」と喪に服し、一日政務をとらず田村麻呂の業績をたたえる漢詩を作った。死後従二位を贈られた。同日、葬儀が営まれ山城国宇治郡来栖村に葬られた。その際に勅があり「甲冑・兵仗・剣・鉾・弓箭・糠・塩を調へ備へて、合葬せしめ、城の東に向けひつぎを立つ」ように死後も平安京を守護するように埋葬されたという。墓所は現在は京都市山科区の西野山古墓と推定されている。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。