スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「西国四十九薬師巡り」西明寺・紅葉の名所で知られる古東三山の北にある。 滋賀県は犬上郡甲良町にある西明寺は天台宗で本尊は薬師如来、

西明寺
西明寺3
「西国四十九薬師巡り」西明寺・紅葉の名所で知られる古東三山の北にある。
滋賀県は犬上郡甲良町にある西明寺は天台宗で本尊は薬師如来、西国薬師32番札所である。寺伝によれば平安初期、三修上人が創建という。
三修は修験道の霊山として伊吹山の開山上人と伝えられ伝説化された行者である。また伝承によれば湖岸の対岸から三修は紫雲のたなびくのを見て不思議に思い、そこで神通力で一機に湖面を渡り西明寺のある山中で紫の光射すところで三修が祈念をすると薬師如来が出現し、その姿を刻んで祀ったのが寺の始まりで、その場所を「池寺」と称した。
この伝説に基づき承和三年(836)仁明天皇の勅願寺となった。その後寺領が寄進され諸堂が建立され「西明寺」と寺号は西の方に紫の光が射した由来によるものである。
元気二年(1571)比叡山延暦寺の焼打ちによって織田信長は近江の国の天台宗の傘下に有った寺院を焼き払った。
往時寺坊三百余りの祈祷道場として栄えた西明寺は焦土化と化した。その後德川家の庇護を受けて徐々に復古がなされた。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。