「二十二社巡り」石上神社・奈良市と桜井市を結ぶ山辺の道『日本書紀』に登場する古代の道の天理教本部の少し山手に上がった所に日本最古の神社が鎮座する。

い石上神社K
「二十二社巡り」石上神社・奈良市と桜井市を結ぶ山辺の道『日本書紀』に登場する古代の道の天理教本部の少し山手に上がった所に日本最古の神社が鎮座する。
『延喜式』には「石上坐布都御魂神社」とある。主祭神は布都御魂大神・布留御魂大神・布都斯魂大神で布都御魂大神とは建御雷神が所有する神剣「韴霊」の事で崇神天皇の御世に宮中に祀られていた剣を物部氏の祖、神剣「韴霊」の事で崇神天皇の御世に宮中に祀られていた剣を物部氏の祖、伊香色雄命に命じて石上の高庭に遷し祀らせたという由来によるものである。
由来によるものである。
物部氏は石上神宮を氏神として仰ぐようになった。その後代々物部氏が歴代奉仕することになり『垂仁紀』には五十瓊敷命が剣千口を作り神倉に納めたという。
桓武天皇の平安遷都に際し神宮の神宝を京に移すことがあり、後に天羽斬剣、天日槍の神宝寄贈合わせて、古代の武器庫と言うべき御神宝類を蔵していた。平安末期、白河は鎮魂祭のために、宮中の神嘉殿を拝殿として寄進寛治六年((1092)には上皇と共に参詣をした。
石上神宮は鎌倉時代末には衰退甚だしく抗争を繰り返した。中、近世には戦火、神領没収などで衰退していたが、明治になって神宮号の複称も許され社運も盛り返した。明治七年(1874)「韴霊」が埋斎されている社伝である禁足地に神剣が出土した。その後本殿を出土した場所に建てられた。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR