『歴史の時々変遷』(全361回)222“秀次切腹事件” 「秀次切腹事件」文禄4年(1595)6月末、突然、秀次に謀反の疑いが持ち上がった。秀次切腹事件を最初に描

秀次4
秀次6
『歴史の時々変遷』(全361回)222“秀次切腹事件”
「秀次切腹事件」文禄4年(1595)6月末、突然、秀次に謀反の疑いが持ち上がった。秀次切腹事件を最初に描いた太田牛一『太閤さま軍記のうち』では、これを「鷹狩りと号して、山の谷、峰・繁りの中にて、よりより御謀反談合とあい聞こえ候」と描写している。
秀次を中心とする”反秀吉一派”が、鷹狩りを口実にして、山中で落ち合って謀議を重ねているという噂があったというのであるが、これは当時の人々にとっても雲を摑むような話であり、俄かに信じがたいものであった。
しかしながら、7月3日、聚楽第に石田三成・前田玄以・増田長盛・富田左近など秀吉の奉行衆が訪れて、巷説の真偽を詰問し、誓紙を提出するよう秀次に要求したのである。
秀次は謀反の疑いを否定して、吉田兼治に神下ろしをさせた前で誓う起請文として7枚継ぎの誓紙をしたため、逆心無きことを示そうとした。
誓紙提出については『家忠日記』にも記されており、史実性は高いと考えられている。
他方で『御湯殿上日記』によると、秀次は7月3日に、朝廷に白銀3千枚、第一皇子(覚深法親王)に5百枚、准三宮(勧修寺晴子と近衛前子)に各5百枚、八条宮智仁親王に3百枚、聖護院道澄に5百枚を献納している。そのため、何らかの多数派工作を行ったか、または、(仮に同日であれば)偶然の一致が疑いを招き、粛清の口実になったのではないかとも考えられる。
7月5日、前年の春に秀次が家臣白江備後守を毛利輝元のもとに派遣し、独自に誓約を交わして連判状をしたためている(または、輝元よりこのような申告があった)と、石田三成は秀吉に報告した。
このことから、秀吉は「とかく父子間、これかれ浮説出来侍るも、直談なきによれり」として、秀次に伏見城への出頭を命じた。しかし、この報告の内容も事実無根であり、秀次はすぐには応じなかったようである。
『続本朝通鑑』には、5日黎明、当時聚楽第近くの館にいた徳川秀忠を秀次が人質としようとしたので大久保忠隣と土井利勝が相談して秀忠を伏見へ脱出させたという記述があるが真偽のほどは定かではない。
3日間どのようなやり取りや出来事があったかは明らかではないが、事態は思いがけぬ方向に急転した。7月8日、再び、前田玄以・宮部継潤・中村一氏・堀尾吉晴・山内一豊の5名からなる使者が訪れ、秀次に伏見に出頭するよう重ねて促した。使者の宮部は秀次の元養父、堀尾・中村・山内はもとは秀次の宿老だった面々であった。
『甫庵太閤記』では、堀尾吉晴がなかなか言い出せないでいると、吉田修理が割って入って、もし疑われるような事がないのならすぐに伏見に立つように、もし野心があって心当たりがあるのならば一万の軍勢を預けていただければ先陣を切って戦うと啖呵を切ったので、秀次はその忠勤の志に安心したが、それには及ばないと出頭を了承したとされる。
『武家事紀』ではこれに加えて、秀次は自ら積極的に冤罪を晴らすとして伏見に向かったとされる。一方、宣教師達の所見をまとめた『日本西教史』では、この5名が五ヶ条の詰問状を示して謀反の疑いで秀次を弾劾したことになっていて、清洲城に蟄居するか伏見に来て弁明するかを命じたので、秀次は観念して慈悲を請うために伏見に向かったとされている。
他方、『川角太閤記』や『利家夜話』ではこれらとは異なり、秀吉によって使者を命じられた比丘尼孝蔵主が秀次を騙して、侍医や小姓衆など僅かな供廻りだけを連れて伏見にくるように謀ったとされ、もともと秀吉には直談する意思はなく、おびき出すための謀略であったとされている。秀次は伏見に到着したが、登城も拝謁も許されず、木下吉隆(半介)の邸宅に留め置かれた。
上使に「御対面及ばざる条、まず高野山へ登山然るべし」とだけ告げられた秀次は、すぐに剃髪染衣(ていはつぜんえ)の姿となり、午後4時頃、伏見を出立した。
監視役として吉隆、羽田長門守、木食応其(木食興山)が同行した。その日は玉水に泊まったが、そこまでは2、3百騎の御供が従っていたので、石田三成から多すぎると指摘され、9日からは小姓衆11名と東福寺の僧虎岩玄隆(隆西堂)のみが付き従った。
移動する途中で秀次左遷の御見舞いの飛脚が次々とやってきて賑わいを見せたので、駒井重勝および益田少将と連絡をとって見舞いを送らないように通達を出させた。この夜は興福寺中坊に泊まった。10日、高野山青巌寺に入り、この場所で秀次は隠棲の身となった。
この出家の際に道意と号したとも言い、以降は豊臣の姓から豊禅閤(ほうぜんこう)と呼ばれることがある。
秀次の妻妾公達らは8日の晩に捕えられて家臣の徳永寿昌宅に監禁され、監視役として前田玄以と田中吉政が付けられていたが、11日に丹波亀山城に移送された。12日、秀吉は、さらに高野山の秀次に対して供廻りの人数や服装の指定、出入りの禁止と監視を指図し、監禁に近い厳しい指示を出した。
7月13日、『太閤さま軍記のうち』によれば、四条道場にて秀次の家老の白江備後守が切腹。妻子も後を追って自害した。同じく嵯峨野二尊院で熊谷大膳が切腹。摂津国の大門寺で木村常陸介が斬首され、財産没収となった。
木村の妻子は一旦は法院の預かりとなったが、後に三条河原で磔にされた。
他の家臣については、一柳右近は徳川家康に、服部采女正は上杉景勝に、渡瀬繁詮は佐竹義宣に、明石左近は小早川隆景に、羽田長門守は堀秀政に、前野長康・景定親子は中村一氏に、それぞれ身柄を預けられた。粟野木工頭(秀用)は自邸にて切腹(または三条河原にて斬首)。

縁者である日比野下野守と山口小雲は北野で、丸毛不心斎は相国寺で切腹。吉田修理は逃亡した。木下吉隆、荒木安志(馬術の師匠)、曲直瀬玄朔、里村紹巴(歌の師匠)は、遠流とされた。
7月15日、高野山に福島正則・池田秀雄・福原長堯の3名の検使が兵を率いて現れ、秀次に賜死の命令が下ったことを告げた。ところが、『甫庵太閤記』によれば、木食応其が仏教寺院内では寺法により無縁の原理が認められており罪人すら保護されると抗議した。
木食応其は衆徒と対応を評議すると言って引き伸ばし、切腹を何とか阻止しようと食い下がったので、衆徒との間で一触即発の事態となる。しかし秀吉に逆らえば高野山の寺院そのものが失われるという恫喝に近い福島の説得があり、秀次も切腹を受け入れたために対決は回避された。秀次は名刀を多数所持していたが、山本主殿助、山田三十郎、不破万作の小姓衆は名だたる刀匠の脇差を賜ると、次々と腹を斬り、この3名の殉死者は秀次が自ら介錯した。虎岩玄隆は太刀で自ら腹を切って果てた。
5番目についに秀次の番となり、雀部重政の介錯により切腹して果てた。享年28。法名は、高野山では善正寺殿高岸道意大居士とし、菩提寺の瑞泉寺では瑞泉寺殿高厳一峯道意とされている。
辞世は「磯かげの松のあらしや友ちどり いきてなくねのすみにしの浦」。雀部重政もすぐに自害して後を追ったが、秀次の介錯に用いた彼の刀、南都住金房兵衛尉政次は、兄の雀部六左衛門の子孫に受け継がれて、現在は大阪城の天守閣内・博物館「大阪城天守閣」に寄贈されている。
また青巌寺(現:金剛峯寺)の柳の間は、現在では“関白秀次自刃の間”として知られる。秀次及び同日切腹した関係者の遺体は、高野山奥の院の千手院谷、光台院の裏の山に葬られ、福島正則は首だけを検分のために伏見に持ち帰った。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR