『浪速史跡めぐり』定専坊・東淀川区豊里は住宅地の真ん中に定専坊(浄土真宗)があって、重厚な伽藍である。

じ専定慈
『浪速史跡めぐり』定専坊・東淀川区豊里は住宅地の真ん中に定専坊(浄土真宗)があって、重厚な伽藍である。
開山は行基と伝えられ、真言宗は西光寺と言ったが、楠木正勝の孫、掃部助が出家して浄賢を名乗り、浄土真宗に改宗した。石山本願寺の縁の寺でもある。
浄土真宗中興の祖の開祖蓮如上人も立寄ったと言う。
境内にある鐘楼は石山本願寺に使われていた早鐘と伝えられる。その早鐘の前には楠木一族の墓があるが、中には入れず、外から覗くだけであった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR