スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淡路島七福神めぐり・ 寿老人・宝生寺・寿老人は寿老人の持つモモは「西遊記」の孫悟空が桃の木の実を取っ

宝生寺八幡 (2)
宝生寺 (2)
淡路島七福神めぐり・
寿老人・宝生寺・寿老人は寿老人の持つモモは「西遊記」の孫悟空が桃の木の実を取って食したことから元気音戻したという。
桃は元気の源の木とされていて長寿のシンボルとなっている。宝生寺の縁起は天平十三年(740)聖武天皇の勅名を受けて行基が淡路島に建立記念し、自ら刻んだ地蔵菩薩が始まりとされている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。