スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『戦国時代の群像』141(全192回) 森成利(1565~1582)安土桃山時代の武将。森蘭丸(もりらんまる)という名

森2
森1
『戦国時代の群像』141(全192回)
森成利(1565~1582)安土桃山時代の武将。森蘭丸(もりらんまる)という名で知られる織田信長の近習である。本能寺の変で主君と2人の弟と共に討死した。
名前については異説が多く、幼名を乱(らん)とするものや、諱を長定(ながさだ)や長康(ながやす)とするものなど幾つかあるが、本記事においては諱として有力とされる成利で統一する。
諱は『寛政重修諸家譜』に長定(ながさだ)とあるが、当時の古文書では「森乱成利」となっており、成利が諱とされる。また、幼名は一般的には蘭丸とされるが、やはり古文書では「森乱法師」あるいは「森乱成利」とされており、『信長公記』においても「森乱」と、「蘭」ではなく「乱」の字が使われている。
『常山紀談』においては「森蘭丸長定」となっている。永禄8年(1565年)、織田信長の家臣・森可成の三男として尾張葉栗郡蓮台[注釈 4]に生まれる。天正5年(1577年)5月、織田信長に小姓として弟らと共に召し抱えられる。
以後、信長の側近として活動する。天正9年(1581年)には近江国に500石の知行を与えられ、この時期からただの小姓ではなく事務官としての役割を果たすようになっていった。
特に『信長公記』によれば、使者としての活躍も見られ、天正7年(1579年)「四月十八日塩河伯耆守へ銀子百枚遣はされ候、御使森乱(蘭丸)、中西権兵衛相副へ下され、過分忝きの由候なり」、天正8年(1580年)「正月廿六日、森乱御使にて、濃州岐阜御土蔵に、先年、鳥目一万六干貫入れおかれ侯」などの例がある。また、母である妙向尼は織田信長と石山本願寺との争い(石山合戦)の和睦成立に奔走した際に、成利を通じて情報を得て信長と直談判をしたとされる。
なお信長は当時、本願寺との和睦に際して「金山城下に浄土真宗の寺院を建立、子息(妙向尼の子)の一人を出家」させることを条件に和睦を提示した。天正10年(1582年)、甲斐武田氏滅亡後は甲州征伐に貢献したとして信濃川中島に領地替えとなった兄・長可に替わって美濃金山城の城主、あるいは美濃岩村城の城主となり、5万石を与えられたという。
ただし成利は在城せず、長可の家老・各務元正 が成利に付けられ、城代を務めた。同年、本能寺の変において本能寺で明智光秀の軍1万に囲まれて健闘するも、信長に槍で傷を負わせた明智配下の安田国継(天野源右衛門)によって討ち取られた。
享年18歳。討たれる際、成利は白小袖を着て修善寺の平元結びで髪を茶筅髷に結っていたといわれる。ただし、これは源右衛門本人の証言によるものであり、信長に槍で傷を負わせたという証言にも疑問が残っており[10]確証はない。
『本城惣右衛門覚書』ではまた異なる記述がなされてある。さらにルイス・フロイスの『日本史』では信長はしばらく戦ったが、腕に銃弾を受けると、自ら部屋に入り、襖を閉じてそこで切腹したとされている。このように信長や成利の最期も諸説が入り乱れており、確たる事実は明らかになってはいない。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。