“日本名僧・高僧伝”83・万里集九(ばんりしゅうく、1428年10月17日(正長元年9月9日) - 没年不詳)は、室町時代の禅僧、歌人。

万里1
万里2
“日本名僧・高僧伝”83・万里集九(ばんりしゅうく、1428年10月17日(正長元年9月9日) - 没年不詳)は、室町時代の禅僧、歌人。
近江国の速水氏の出自。「万里」は道号、「集九」は諱で、「集」は一山派の太清宗渭の法系であることを示す一字。
速水氏は近江国浅井郡速水郷を本貫とする一族で、万里も近江に生まれたと考えられている。嘉吉2年(1442年)頃に上京し、京都の臨済宗東福寺の塔頭永明院の叔父梅西のもとに寄寓して僧になったと考えられている。
その後は京都相国寺雲頂院で修行し、一山派の大圭宗价に師事し、大圭から「集九」の名を与えられたと考えられている。建仁寺や南禅寺の講席、蔭涼軒主季瓊真蘂にも師事する。
寛正4年(1463年)には横川景三、桃源瑞山とともに相国寺の友社に入っており、相国寺時代には奈良や宇治、須磨、明石に遊んで詩を詠んでいる。
応仁元年(1467年)5月に勃発した応仁の乱では相国寺も兵火を被っているが、万里はそれ以前に都を離れ、近江浄行院などへ移る。
翌応仁2年には鷗隣斎に仮寓したのち、近江坂田郡大原荘内の正伝庵へ移る。地方で還俗し、文明3年(1471年)には美濃国禅源寺に住み、斎藤妙椿とも交友。文明5年(1473年)には長男千里が、文明9年(1477年)には次男百里が生まれる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR