スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『浪速史跡めぐり』四天王寺の庚申さん・庚申堂の由来に拠れば、今から千三百年前の文武天皇の時代に疫病が日本中に蔓延した。

こ天王寺庚申さん『浪速史跡めぐり』四天王寺の庚申さん・庚申堂の由来に拠れば、今から千三百年前の文武天皇の時代に疫病が日本中に蔓延した。
薬草や医療の治療の甲斐なく、四天王寺の高僧豪範の祈祷などが行なわれたが一向に効き目無く、ひたすら祈り続けたところ天宝元年(701)庚申年の一月七日の庚申の日に、年の頃なら十六歳くらいの童子が現れて「帝釈天が、汝の人の悩みを憐れむに至誠を感じ除災無病の方便」のお告げがあった。
そのお告げに随い「青面金剛童子」を祀った。効き目があってか疫病災難は退散し庚申年の七日の庚申の日をもって庚申信仰が始った。四天王寺の庚申堂は庚申日以外には閑散として、縁日には護摩焚きが行われ蒟蒻、七色菓子などの出店が出て「大釜で煮た蒟蒻」が売られている。
境内には「三猿堂」があって木彫りの「見ざる・聞かざる・言わざる」が祀られてる。「庚申に日」には心の中で願いを掛けて、念じながら北を向いて黙って食べる」とご利益があると言い伝えらてる。庚申堂内には普通の寺院と違って、仏像らしき像は安置されていない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。