「二十二社巡り」大和神社・大和盆地は天理市の田園風景に巨大な森に広大な境内地を持つ大和神社は『延喜式』神名に大和国山辺郡筆頭に「大和坐大国魂神社三社」と記されている

や大和神社、
や大和神社g
「二十二社巡り」大和神社・大和盆地は天理市の田園風景に巨大な森に広大な境内地を持つ大和神社は『延喜式』神名に大和国山辺郡筆頭に「大和坐大国魂神社三社」と記されている。旧上街道から三百メートルはある参道の奥に、拝殿と本殿が建つ。拝殿は三社あって、中央に日本大国魂大神、向かって右に八千戈大神、左に御年大神が祀られている。日本大国魂大神とは大地主大神とも言い、地鎮祭に際には、この神に祈るのが習わしになっている。大和神社は寛平九年(897)に正一位に叙せられ、平安中期には二二社に列し、国家の大事に奉幣祈願を受けた。摂社、末社三十四を数えた。伊勢神宮に次いで重視されていたが、火災や兵乱によって衰退していった。長い時代を経て明治四年(1871)に官幣大社となって、翌年に社殿を新たに造営された。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR