“日本名僧・高僧伝”59・日興(にっこう、寛元4年3月8日(1246年3月26日) - 元弘3年/正慶2年2月7日(1333年2月21日))は、鎌倉時代の僧侶。日蓮の高弟六老僧の一人であり、

日興2 (2)
日興2 (1)
“日本名僧・高僧伝”59・日興(にっこう、寛元4年3月8日(1246年3月26日) - 元弘3年/正慶2年2月7日(1333年2月21日))は、鎌倉時代の僧侶。日蓮の高弟六老僧の一人であり、白蓮阿闍梨と称する。日興門流の祖[2]。富士大石寺の開山にして、日蓮正宗第二祖に列せられる。寛元4年(1246年)3月8日、甲斐国大井庄鰍沢(山梨県富士川町鰍沢)で誕生。正嘉2年(1258年)、富士岩本の実相寺へ入室。名を伯耆房と賜わる。2月、日蓮が『立正安国論』の執筆に際し大蔵経を閲覧するため岩本の実相寺へ入った折、弟子となった。弘長元年(1261年)5月12日、日蓮が伊豆に配流(伊豆流罪)され、日蓮正宗の文献『日興上人詳伝』によると、日興が同行して常随給仕をしたとされる。また伊豆宇佐美・吉田の地を弘教した。
• 弘長2年(1262年)、熱海真言僧金剛院行満が、日興の折伏により改衣して日行と名乗り、自坊を大乗寺と号した(日興上人詳伝)。文永8年(1271年)10月10日、日蓮が相模依智本間邸を発し佐渡に向かった際(佐渡流罪)、日興が同行して常随給仕をしたとされる(日興上人詳伝)。文永11年(1274年)、佐渡一ノ谷を出発し、日蓮身延山に入る。甲斐、駿河で布教をした。このころ日目、はじめて日興に謁す。建治元年(1275年)1月下旬、南条家に到り故兵衛七郎行増の墓に代参し、富士下方を弘教した。日興の教化により、駿河熱原滝泉寺寺家下野房日秀・越後房日弁・少輔房日禅・三河房頼円、及び在家若干が帰伏して弟子となった。日興及び日向・覚乗房富士加島高橋家で弘教した。建治2年(1276年)4月8日、日目、伊豆走湯山円蔵坊において日興により得度。弘安2年(1279年)1月、興津時業、日興書写の法華経一部を請く。9月20日、日蓮、書を日興に与える。10月12日、日蓮、書を日興のほか、日秀・日弁等に報じ滝泉寺申状草案を与う。10月15日、日興等、鎌倉より日蓮に法難の状を急報する。10月17日、日蓮、書を日興はじめ日秀・日弁等に報ず。『三大秘法口決』を記す。日興に文永11年(1274年)12月の本尊〔万年救護本尊〕を与える。弘安3年(1280年)2月、日興、遠江の新池家に在り。弘安4年(1281年)、日興、園城寺申状を代奏す〔初度天奏〕。弘安5年(1282年)9月、日蓮は『日蓮一期弘法付嘱書』(身延相承)をもって日興を本門弘通の大導師と定め、10月13日、『身延山付嘱書』(池上相承)をもって身延山久遠寺の別当職(貫主)と定めて死去した、と日蓮正宗では主張している。その一方で、日蓮宗は、両書を宗祖滅後150年頃成立の偽書と位置付けて[6][7]同主張を是としておらず、日興身延在山時代には、「日興は自身を院主、日向を学頭に当て〔た〕長老合議制」が敷かれていた、としている。日蓮正宗では、両書をあわせて『二箇相承書』としている。弘安10年(1287年)10月13日、初めて大曼荼羅本尊を書写(宮城県登米市・上行寺所蔵)。その後、日向や、身延の地頭・波木井実長との意見の相違から、日興は身延山を降りた (身延離山)。正応元年(1288年)12月16日、身延山久遠寺を出立、越前房の私坊に逗留する。正応2年(1289年)6月5日、富士河合の由比入道の家に逗留する。しばらくして駿河国上野郷の南条時光の館(現在の下之坊)に逗留する。正応3年(1290年)10月12日、南条時光の寄進により大石寺が建立し、翌日の10月13日、日興は日目に内々に法を付し[11]、大石寺学頭として、第三祖日目が一門の統率をした。同年、弟子らにより宿坊が建立された。永仁6年(1298年)2月、足かけ10年過ごした大石寺を離れ、日興は重須談所(大石寺近郊、現在の北山本門寺)に移った。正慶2年(1333年)1月13日、二十六箇条の『遺戒置文』をもって将来の指針を示し、2月7日、88歳をもって、35年に渡って住んだ重須にて死去した。弘安5年(1282年)の宗祖滅後、日興は久遠寺の輪番を軸に駿河を中心として甲斐・伊豆方面を布教[16][17]。同じく六老僧の一人日向や、日興の教化により入信したにも拘らず日向を師と選択した波木井実長と対立した日興[18]は、正応元年(1288年)身延の山を降りた[17][19]。この原因の一つに、波木井実長が九品念仏の道場建立を行ったことが考えられている。この際、日興が宗祖灰骨など一切を携えて下山したと日蓮正宗では主張している[20][21]。その一方で、日蓮宗はこれに反駁を加えている。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR