スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『歴史の時々変遷』(全361回)188“黒井城の戦い” 「黒井城の戦い」安土桃山時代に織田信長の命をうけた明智光秀などが丹波国征討を目的に行われた

黒い1
黒い2
『歴史の時々変遷』(全361回)188“黒井城の戦い”
「黒井城の戦い」安土桃山時代に織田信長の命をうけた明智光秀などが丹波国征討を目的に行われた、赤井氏の堅城黒井城への攻城戦。天正3年(1575年)と天正7年(1579年)の2度に渡って行われた。永禄13年(1570年)3月、上洛していた織田信長に荻野直正と甥の赤井忠家(直正の兄赤井家清は亡くなり、忠家は家清の嫡男)は拝謁し織田方につくことを約束した。信長はこれに対して氷上郡・天田郡・何鹿郡の丹波奥三郡を安堵した。これで丹波は安定するかに思えたが翌元亀2年(1571)11月、但馬守護で有子山城主山名祐豊と但馬国人の夜久野城主磯部豊直らが氷上郡にあった足立氏の山垣城を攻城した。黒井城の直正と後屋城の忠家はこの動きに即応し、山垣城に救援に向かい山名・磯部両軍を撃退した。4年後の天正3年(1575)に直正は勢いに乗り但馬の竹田城を攻城し手中に収め、祐豊は信長に援軍を要請するも、当時信長は信長包囲網にあい、援軍を出せる余裕はなかった。同年、越前一向一揆が一段落すると信長は明智光秀を総大将に丹波征討戦に乗り出すことになる。信長としてみれば、吉川元春を討つ前に京都に近い丹波を平定し、背後の憂いを削ぐのが目的だったと推察されている。光秀は越前より坂本城に帰城し、戦の準備を整えて同年10月初旬に出陣したと考えられている。この時直正は竹田城にいたが、光秀の動きを察知し黒井城に帰城、戦闘態勢を整えた。これと並行して信長は10月1日、丹波国人衆に向けた朱印状を出し、その調略によって八上城の波多野秀治をはじめ、国人衆の大半を取り込んでいた。光秀は黒井城の周囲に2、3箇所の砦を築き、圧倒的兵力で黒井城を包囲した。この頃の戦況は光秀に有利であり、『八木豊信書状』によるとこの戦況について光秀は「城の兵糧は来春までは続かないで落城するであろう」と楽観しており、戦いは順調に推移していた。しかし攻城戦開始後2か月以上が経過した翌天正4年(1576)1月15日、波多野秀治軍が3方向から攻め立て明智軍は総退却となった。『ひょうごの城紀行』によると「赤井の呼び込み軍法」と言われている。この戦いは秀治の裏切りにより勝敗がついたが、呼び込みという言い方は適切ではない。なぜこのような言い方が伝わったか『郷土の城ものがたり』では、信長の朱印状の返事をどのようするか、丹波国人衆が集まり協議を行い「直正のみが信長の意向に従わない、他の国人衆は信長に従うので直正を討ち滅ぼしてほしい」という偽りの返事をしたのではないかと解説している。『籾井家日記』によると「直正と秀治の間には密約があり予定の行動であった」という記載があるが、『戦国合戦大辞典』によると「その記述は信用できるものではない」としている。『兵庫県の不思議事典』によると「赤井、波多野両家は姻戚関係にあり、事前に密約があった可能性がささやかれてはいるものの、はっきりした記録はない」と記載している。天正4年1月15日、明智軍は黒井城の前方(南側)にあたる「平松」という土地に移動し、・黒井城の東側:大路城主波多野秀香軍・黒井城の西側:霧山城主波多野秀尚軍・黒井城の北側:八上城主波多野秀治軍と黒井城の四方に陣取り、いよいよ黒井城を攻め立てるべく準備が整ったところに、三尾城城主赤井幸家(直正の弟)が明智軍に襲い掛かり、これに即応して波多野秀香軍と波多野秀尚軍が西、東より挟撃した。明智軍は体制を整えるべく一旦柏原方面に退却しようとしたが、そこには高見城で赤井忠家が待ち伏せており、明智軍は黒井川に追いやられ大敗した。大敗した光秀は京都に逃げ込み、その後坂本城に帰城した。先の戦いから1か月後、再び戦の準備を整え2月18日に坂本城を出陣し丹波に入国したが、この時はほとんど戦わず短期間で引き揚げてしまった。一方、この戦いで織田軍に土をつけたことで直正は「丹波の赤鬼」という名を広め、全国の武将から一目おかれる存在となっていく。最初の戦いから約1年半後に再び光秀が黒井城の攻撃を開始するが、この間光秀は畿内を転戦し石山本願寺攻め(天王寺の戦い)、紀州征伐、加賀攻め、信貴山城の戦いなど休む暇もなく戦場を往来、丹波に集中出来る状況ではなかった。明智軍は必要に応じて駆り出される「遊撃軍団」だったと思われる。一方、荻野直正は下館中心に信長包囲網の一翼を担っていた。足利義昭や吉川元春の使者安国寺恵瓊、武田勝頼の使者跡部勝資や長坂光堅、石山本願寺の顕如からの密書、密使が再三この地を訪れていたという記録が残っている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。