史跡を巡る歴史の憧憬               川村一彦

“日本名僧・高僧伝”55・他阿(たあ、嘉禎3年(1237年)- 文保3年1月28日(1319年2月18日))は、鎌倉時代後期の時宗の僧。遊行上人2世。正しくは他阿弥陀仏と称し、

他阿1
他阿2
“日本名僧・高僧伝”55・他阿(たあ、嘉禎3年(1237年)- 文保3年1月28日(1319年2月18日))は、鎌倉時代後期の時宗の僧。遊行上人2世。正しくは他阿弥陀仏と称し、他阿と略する。法諱は真教(ただし同時代史料にはみえず、初出は『本朝高僧伝』。燈心文庫に真教と署名のある文書があり、他阿に同定する説あり)。俗姓は源氏久我家ともいわれる。1277年(建治3年)九州で時宗の祖一遍に師事して以来、一遍の諸国遊行に従う。1289年(正応2年)に一遍が亡くなった後に、いったん解散した時衆を再結成して引き連れ、北陸・関東を中心として遊行を続けた。1304年(嘉元2年)遊行を3世量阿(他阿智得。のち他阿号を世襲)に譲り、自らは相模国に草庵(後の当麻道場金光院無量光寺)を建立して独住(定住)し、そこで没した。同寺の境内に、一遍らとならんで墓塔の宝篋印塔がある。おもな門弟に量阿のほか、有阿(恵永または恵光。のち藤沢道場をひらく他阿呑海)、京都四条道場・浄阿(真観)がいる。膨大な消息はのちに『他阿上人法語』8巻にまとめられたほか、歌人として京都の貴人たちとまじわり、歌集に『大鏡集』がある。伝記は『遊行上人縁起絵』巻5~10に詳しく載せられている。他阿の肖像としては、長崎称念寺(福井県坂井市)蔵の画像や東山長楽寺(京都市東山区)蔵の木造椅像、および黒駒称願寺(山梨県笛吹市)・国府津蓮台寺(神奈川県小田原市)蔵の木造座像が有名で、いずれも重要文化財。晩年に患った中風によって口許がゆがんでいるのが特徴である。一遍は、肉親ともいわれる弟子聖戒を後継者とみなしていた節があり、しかも入寂に際して時衆は各地に散って自然消滅している。それを再結成して他阿自らが中心となって再興をなしとげた。他阿はバラバラであった時衆を統制するために信徒に対して僧である善知識を「仏の御使い」として絶対服従させる知識帰命の説を取り入れ、「時衆制誡」「道場制文」などを定め、『時衆過去帳』を作成して時衆の教団化、定住化を図っていった。この頃、消息の中で配下の道場(寺院)は百あまりと述べている。こうして他阿は時衆を整備された教団とし、その教団確立のうえで大きな功績を残した。現在ある時宗教団は、この他阿の系統を引く藤沢道場清浄光寺が、他の一向俊聖などの念仏聖の教団を吸収して近世に成立した。歴代の時宗法主は他阿を称する。したがって、他阿真教こそが、時宗の実質的な開祖といえよう。宗祖一遍とならぶ「二祖上人」と通称され、多くの時宗寺院で、その像が一遍と対になって荘厳されている。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新コメント

最新記事

カテゴリ

未分類 (1431)
鎌倉・室町の群像伝 (69)
古社寺探訪 (24)
浪速今昔百景 (4)
戦後日本のあの日あの時 (53)
河内古社寺探訪 (1)
神仏霊場巡り (49)
一ノ宮巡り (13)
西国観音三十三所巡り (28)
近畿三十三不動巡り」 (6)
西国四十九薬師巡り (10)
浪速史跡巡り (25)
河内史跡巡り (32)
遺跡巡り (10)
古事記が描く説話の憧憬 (8)
歴史の時 (0)
歴史の時々変遷 (8)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プロフィール

侏儒のつぶやき

Author:侏儒のつぶやき
趣味歴史。歴史研究会に参加。フェイスブック「史跡探訪と歴史の調べの会」管理。
著書多数。歴研出版より「平安僧兵奮戦記」自費出版「古事記が語る古代の世界」「古事記が描く説話の憧憬」『芭蕉紀行世情今昔』他多数。

FC2Ad

Template by たけやん